熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



皆様
どうぞ良いお年を。
来年は本当に良い年にしたいです。
スポンサーサイト
勇気
迷った時に、名言集を見ることがあります。

一番心に響くのは、ナポレオンです。

最も有名な名言の「わたしの辞書に不可能という言葉は無い」は、誤解されていると思います。
本当の意味は、おそらくこうです。

「何事も、やる前からどうせ無理だダメだなどと思っていてはうまくいかないぞ」
と言いたいんじゃないかなあ。

その証拠に、こういった名言もあるんです。

「あなたの能力に限界を加えるものは、他ならぬあなた自身の思い込みなのです」

他にも、思わず唸っちゃう名言をいくつか。

「強い人が勝つとは限らない。
素晴らしい人が勝つとも限らない。
私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ。」→途中でくじけたら負けだぞ。

「じっくり考えろ。しかし行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め」→事前の入念な準備の上での行動を。

「逆境には必ずそれ以上の大きな報酬の種が隠されているものだ」→これはおおいに励まされました。

「幸せは香水のようなもの。他人にふりかけようとすると、自分にも2、3滴ふりかかる」
僕の電車の切り絵が、ナポレオンの言う香水になりますように。
福島をはじめ被災地に、そして福島を助けてくださった全ての人たちへふりかける香水になりますように。


ありがたい話
イラストのポストカードをグループ展などで販売するのはよくある話です。
ただ、僕の場合は電車の切り絵のポストカードとなると、著作権にひっかかる可能性があります。
そこで、いくつかの会社に問い合わせてみました。

大手だと法務室なんてちゃんとあるんですね。
一応問い合わせたものの、個人だからなあ、大手A社さんから回答なんて来ないかもと思ってたら・・・

今日、来ました!

それも、きちんとした内容でした。

商品化権使用許諾契約というのがあるんですね。

会社によって細かい基準が違うため、使用される電車の会社にご確認する方がいいです。

A社さんのケースも書いてありましたが、他社さんと違う可能性があるのでここでは割愛します。

ただ、ポストカードはれっきとした商品であり、個人か法人かによっても扱いが違います。

実際に商品化するということは、そういう事も念頭に入れていかないといけません。

早速、大手さんにメールで問い合わせました。

全部、クリアにしてグループ展に参加したいものです。

賽は投げられた?
なにげに感じたことがどうも気になって、某電鉄会社に問い合わせてみました。
担当の方が留守だそうなので、電車の切り絵の画像を添付したメールを送りました。

すると返信が来ました。

とても好意的な内容で、他の切り絵も見てみたいとのこと。
リップサービスかと思いきや、ご連絡お待ちしてますとまで書いてあったので

これはチャンス!

アポ申し込みました。

電車の切り絵の原画をお見せしますと(更にちょっとしたお土産も用意)

さあ、どうなるか。

賽は投げられた!  転がるといいなあ。
意外にイケる
近所のスーパーに、デジタルプリント機が置いてあります。
メニューの中に、シールプリントというのがあって、24枚つづりのシールにプリントしてもらえます。
試しに江ノ電の切り絵の画像で作ってみました。

RIMG0478.jpg

おお、何だかすごそうに見える!

これ何枚か作っておいて、いずれ電車の切り絵のポストカードなどをもっと沢山作って、それこそポストカードセットみたいなもののオマケにできたらいいなと考えています。
押切もえちゃん
さきほどソロモン流という番組を見てました。

押切もえちゃん。
僕は彼女の著書「モデル失格」を読んだことがあります。

008_p.jpg


苦労してるんですよね~

読者モデルから始まって、CanCamに移った頃などは厳しい評価で
「あの子はやめさせてほしい」などと言われたそうで。(これかなり凹みますよねえ)
まだ新人モデルなので、給料が安くてモデル以外にもお菓子メーカーの工場でバイトしたり
そういう苦労しているからこそ、有名になってからも天狗にならずにあれだけ前向きで明るいんだなあ。

ぶっちゃけ彼女は絶世の美女ではありません。
だけど、明るくてかわいらしくて、それでいて飾らない。
こういう人には、いい人が寄ってきますよ。

彼女ならではの言葉がいくつかあったので紹介しましょう。

「綺麗、美しいと感じる感性を大切にしていきたい」

「今日が人生で一番若い日」

また、美術館デートというシチュエーションのコーディネートについて、短めのワンピースを着て
「脚はなるべく出したほうがいいです。その方が綺麗に見えるから。体って隠すと怠けるものなんです」
ほお~~~。

モデルさんって、結構不規則な仕事だし、ロケなどで朝早起きするのはしょっちゅう。
体力の要る仕事で、自己管理がきちんとできる人じゃないと到底つとまらないんでしょう。

あれだけ忙しいのに、料理上手。大したものです。
別に綺麗だから言うわけじゃなくて、モデルさんとかバレエダンサーって自己管理がきちんとできるという人間性という点だけでも、嫁さんにするにはベストです。
スポーツ選手がよくモデルさんと結婚するのも、こうしてみるとうなづけるんです。

ともあれ、押切もえちゃん見てると、こりゃあしっかりしなきゃあ!って思いました。
「忙しい」を言い訳にしちゃあいけませんよね。
キャー、廃止?
そりゃ困る!
というのは、寝台特急日本海と夜行列車きたぐにが来年3月で廃止になるそうです。

jpeg0133j.jpg


まいったなあ~
日本海、いまどき珍しいレトロな寝台特急としてしぶとく生き延びていたのですが。
かくいう僕も日本海を最近まで知りませんでした。
本来は乗ってみたいけど、日本海は大阪~青森、 きたぐには大阪~新潟と、全然用の無い区間を運行しているので乗る機会が無いんです。

現役で走っているうちに、なんとか切り絵にしようっと。

とかく寝台特急は、行き先に何の用も無いので乗る機会が無いのが困ったところです。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

やるじゃないか図鑑!
普段、日経新聞をとってます。
この新聞、なにも株価などばかりじゃなくて、意外に美術とか社会などの記事も面白い。
で、今日(12/13)の朝刊に、図鑑の記事が載ってました。

図鑑なんてあんまり売れてないんだろうと思ってましたが、認識が甘かった。
今の図鑑は子供だけじゃなくて、大人が読んでも面白いものが出ているんです。

小学館も「くらべる図鑑」などはいろんなジャンルにおける様々な比較によるデータをわかりやすく載せてます。
例えば、猫、象、らくだ、小学生、豚の中で一番足が速いのは?(答えは猫です。二位はなんと象です)

学研からは専用のメガネを使って楽しめる3Dの図鑑。

創元社の「世界で一番美しい元素図鑑」は本でもiPadでも見られて、贈り物としても売れてるそうです。

こういう面白い図鑑では、それこそ写真やイラストがたくさん出てくるので、分かりやすくて面白い表現ができればたくさんの人たちに喜んでもらえるんですよね。

なお、くらべる図鑑はシリーズ全体で100万部突破。
図鑑というジャンルでは今までなら30年かかるところを何とわずか2年で達成したとか。
企業努力ですね!

テーマ:知的好奇心を刺激 - ジャンル:本・雑誌

昨日、今日、明日
ソロモン流という番組を見ました。
女優の高橋恵子さんの特集でした。
マンネリ対策法が興味深かったです。

競演の俳優さんが茶飲み話でふっと言ったこと。
「高橋さんは、毎回ちょっとずつ変えてるよね。ああ、多分なんか考えてこうやったんだな、という感じ」

すると高橋さんいわく

「だって、昨日より今日、今日より明日と自分を変えていかないと。ずっと同じ事を繰り返しているだけじゃ飽きちゃうでしょう」
確かにマンネリ化につながります。

僕は最近、切り絵は電車中心ですが、まだまだできることがあるとはいえ、マンネリ化にならないようにするのに当初と絵作りを少しずつ変えるようにしています。
それはもう、自分の意識から。
元々鉄道マニアじゃないならこそ、そういう考えが出来るんでしょう。

そして、どこの世界でも長くやってる方ほど高橋さんのように「昨日より今日、今日より明日」なんでしょう。

こうしてblogを書いてるけど、そのうちPCのHPよりスマホのアプリからアクセスする方が主流になるのも近い将来でしょう。
そしたら、このblog・・・可能ならスマホに引っ越そうかななんて思うくらい。
それくらい時代の流れにはうまく乗らないといけないですね。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

思わぬお誘い
11/8に書いたレポートに出てきたアートディレクターAさんご自身が参加されているグループ展を見てきました。

途中までバイクで行って、とあるバイク屋で道草して(気分はぶらり途中下車の旅人♪)
お店の人と話していて、
「いかかです?試乗してみますか?」
という気前のいいお言葉に甘えて、このバイクに試乗しました。

110-410-4640-00.jpg

つい・・・ちょっとだけかっとんでしまいました。
速くて気持ちいいんだもん。

で、その後電車を乗り継いでギャラリーへ。

Aさんは切り絵を出しているそうなので見ると、なかなかメルヘンチックで遊び心のある作品でした。
僕の切り絵みたいに黒と明るい色の明度差を使わずに巧みな表現でした。

今回は、会話の中で自分の電車の切り絵の感想をお願いしようと思っていました。
そこで、Aさんはじめ参加者の皆さんに電車の切り絵の写真を見せたところ、ポストカード展をすすめられました。
もちろんグループ展で、参加者が多いのでできるだけ人がやらないようなものとなると、電車の切り絵はうってつけ。

できるだけいろんな方たちに見てもらえるように発信しないといけないですね。

何枚か出す中で、新たに作らなければならないのがあります。
もちろん、それは都電荒川線です。

許可さえいただければ、どんな電車を切り絵にしたら面白いか目安箱みたいなものを設置してみたいものです。

その後、銀座のブランド店のディスプレイを見物して(いいセンスのものがあります)

これはカルティエ
RIMG0397.jpg

これはルイ・ヴィトン
RIMG0398.jpg

で、プリンターを見るためにアキバへ寄ると、メイドさん達がビラ配りしてました。
かわいいから、寒そうでかわいそうなので、ついついビラをもらってしまいました。
まあ、いろいろ考えますねえ。
RIMG0407.jpg

いや、行ってませんよお~


都電荒川線・王子駅前から

[広告 ] VPS


ひょんなことから、本日ついに初乗車してきました!
都電荒川線に。

前々から乗ってみたかったし、写真も撮りたかったのです。
この動画は、コンデジで撮りました。
最初に鬼子母神前で三ノ輪橋行きに乗車して、王子駅前まで行きました。
王子駅前のすぐ近くに急な坂道があって、下る時はいったんほぼ止まるくらいにして、そお~っと降りるんです。
では上る時はどうなんだろうと思って、王子駅前で下車して反対方面の早稲田行きに乗車しました。
駅を出る時に車のように赤信号で止まってから、いざ発車!
・・・そしてのぼり坂では(見た目より結構急でした)、えっちらおっちら上っている感じでした。
すぐ隣から車に(軽にまで!)ビュンビュン抜かれました。
こりゃあ、自転車でも勝てそう!

でも、いいんです。
それが、都電荒川線です。

実に絵になる電車です。

RIMG0389.jpg


いいなあ~惚れました。
ちなみに運賃は、一律160円です。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

富山城と路面電車
富山城と路面電車セントラムの切り絵です。

RIMG0285.jpg

お城と現代的なデザインの路面電車のミスマッチングが気に入りました。

できれば熊本城も作ってみたいけど、それは昨日の水戸岡さんのポスターデザインを参考にして面白い構図を考えてみたいです。
でも、その前に・・・・都電荒川線の切り絵作りたいんです。
鬼子母神駅はやらないです←この名前、めんどくさいんだもお~~~ん。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

素敵なポスター
電車に乗っていても、思わぬちょっとした感動ってあるものです。
最近だと、JRの九州のポスターです。

これは宮崎。 右隅の電車は、「海幸山幸」

RIMG0267.jpg

これは熊本。右奥の電車は・・・たぶん「あそぼーい」→子供たちに楽しんでもらおうという配慮も。

RIMG0269.jpg

これは熊本県の人吉と鹿児島県の霧島。
左奥の赤い電車は「いさぶろう・しんぺい」

RIMG0276.jpg

いずれも、「たま電車」「ゆふいんの森」「新幹線つばめ」「特急ソニック」「海幸山幸」などのデザイン手がけられている水戸岡さんによるポスターです。

このように、単に鉄道だけじゃなくてその地域ならではの雰囲気を表現している素敵なポスターでした。
電車内でデジカメ構えて撮っていたので、周囲からは怪訝な目で見られましたが(汗)

元気を頂きました
絵のスクールのS先生の個展を観に行って来ました。

午後にはギャラリーに見える・・・かもしれないと聞いていたので。

RIMG0266.jpg

まあ、この画像から、スクールの方ならS先生ってわかるでしょうけど(笑)

薔薇の絵が増えてきて、ギャラリーのお姉さんも「印象が変わりましたよね~」ですって。

先生は、相変わらず元気いっぱいでした。良かったあ~!
画集を頂きました。
そういえば、以前デッサンのスクーリングの時も、デッサンの出来によって画集プレゼントなど色々サービスして頂きました。

来月には都内でデッサンのスクーリングがあるそうです。
もちろん、その後スクールに申し込みました。

今まで、S先生のヌードデッサンにはスクールで知り合った方を何人か誘ったことがありました。
特にスランプ気味の方を熱心に誘いました。
人間、悩みだすとひとりで抱え込んでしまいがちだからです。
聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥って言いますしね。



ハチャメチャな怪曲
絵を描いていて行き詰っていた時に、時折見るのが米米CLUBの動画です。
今見てもすごくおもしろい!

貴重なライブの動画にて、知る人ぞ知る怪曲「ひっぷくらっしゅ」です。

www.youtube.com/watch?v=tN-gHm6K1n4&feature=related

これだけハチャメチャに楽しいと、いい意味でバカになれるというか、「ええい、遊んじゃえ!」
てな具合に開き直れるんですよね。

ちなみに、この曲、2番が面白いので是非どうぞ。