熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



日本人は面白いね!
さきほど、美の響宴という番組を見てました。
江戸~明治にかけて活躍した柴田是真という画家&蒔絵師の特集でした。
明治時代に海外へ日本は工芸品を輸出したこともあって、是真の作品の多くは海外にあります。

蒔絵といえば、金などを使ったきらびやかなイメージがあります。
ところが、是真が若くして蒔絵師として独立した当時、老中水野忠邦による天保の改革がスタートします。
これにより、金を多用した蒔絵も規制がかかります。

ところが是真のすごいところは、これを逆用したところ。
つまり、金を使った蒔絵は、作品の芸術性そのものより、金を多用してよりゴージャスなほど評価されてしまいがち。
しかし、金を使わないで、漆本来の特徴を生かした表現をすれば、金に頼らない新たな魅力の蒔絵ができると考えたようです。

波の模様を漆で表現したり、昆虫を立体的に見えるように表現したり、ちょっとした所に漆で蚊を描いたり

遊び心が満載の蒔絵がたくさん紹介されていました。

この富士山の蒔絵は確か横が1m80cmくらいだったか結構大きな絵でした。

201001132248268d5.jpg


実際に富士山へ出かけていき、富士山そのものや茶屋やそこで働く人々などいろんなものをスケッチしてこの蒔絵に実はたくさん描かれています。

なにげない人々の営みこそ実は美しい。

そんなことを感じさせる名画でした。

来週は、僕の大好きな画家のひとり、俵屋宗達が登場します。
本阿弥光悦と親交があって、素晴らしい作品が紹介されます。
これです。
turusita36kasenwakakan.jpg
なんとアニメーション化を試みるそうです。
楽しみ!

ちなみに、以前琳派の絵画展で宗達の作品の中に、やはり宗達画、光悦筆のこんな作品もあり、僕はこれが一番しびれました。
PHT0300188000000.jpg




スポンサーサイト
ふたりの偉人から
このおふたり、僕が知る限りある共通点を持ってます。

img_684881_49009461_1.jpg

Michael+Jackson.jpg

一流の人の芸って、参考になりますね。
あなたってどんな人だっけ?
こんな診断があります。

よろしければ是非どうぞ!

ちなみに、僕の場合は・・・

「熊吾朗って誰だっけ?」
「あの素晴らしい人だよ!」
「ああ、あの素晴らしい人か!」
「そうそう素晴らしい人」

えっへん。
打ち上げ
あっという間にグループ展の最終日。

ちょっと早めに終了して、夕方に搬出しました。

その後は、打ち上げで銀座に行きました。
といっても高級クラブではなく、この画像のお店です。




ビルの入り口にはこれだけの種類の銘柄が。

150x150_6086_50921.jpg
と思いきや、メニュー見ると更にこんなにたくさん!

150x150_6086_50928.jpg

面白い名前がたくさんあって笑えました。

この中で、「くどき上手」という日本酒を飲もうとなって、しかも
「スーパーくどき上手があるから飲みましょう!」
となって、僕も飲む羽目に。
日本酒はにおいがちょっと苦手でしたが、これは・・・甘くてなんだか甘口のワインみたいでした。
飲みやすくておいしかったです。

それにしても毎度のことながら女性陣が飲むわ飲むわ。
焼酎はロックが当たり前。
すっかり圧倒されました。

つもる話もあったので、随分色々語り合いました。
で、そういう時間って必要だと思うんです。
特に絵を描くことって孤独な作業だし、人間誰しも時にはスランプになることもあるでしょう。

お互いに意見交換したり、情報交換したり。
刺激にして次に進めばいいのだから。

詳細は書けませんが、どうもこのメンバー(一応僕は除いて)で、コスプレの忘年会があるかも・・・・

「ええ~~~!あたしセーラー服勘弁してえ。バニーガールならやる」
「●さんナースねえ・・・超ミニスカで」
「△さんは婦警ね!違反切符切る感じで♪」

なんだか、昔のサマースクールの伝説の宴会の再現みたい。

万一僕がどうでも何かコスプレ参加しなさいと強制参加となったら・・・

これでも被りますか。

RIMG0256 (1)

なお、今回のカメレオンの絵を見たオーナーさんから、思わぬお誘いを頂きました。
来年予定しているおばけの絵のグループ展に参加しませんか?というお話です。
面白そうなので、お受けすることにしました。
先日いらっしゃった元アートディレクターさんもまた来てくださって、いい機会になりそうです。

今回感じたのは、横のつながりの大切さです。
僕は地方出身者だから余計感じるんですけど、横のつながりを持つことで、思わぬお誘いを頂くこともあります。
特に男性はそういうつながりを作るのが苦手な人が多いので、社交的な女性と仲良くすることが良いきっかけにつながります。
だから地方在住の方が個展やグループ展などを行っているのは、お世辞抜きにすごい事なんです。
かなりのエネルギーが要るはずですから。

ともあれ、いいきっかけになりますように。いや、します!

第1314回「もし今誰かに質問するなら、誰に何を訊く?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「もし今誰かに質問するなら、誰に何を訊く?」です。今日は「もし」なテーマです亡くなった方、有名人、アニメや漫画のキャラクター、身近な人、誰でも構いません。今もしあなたが、誰かに質問をして答えてもらえるなら誰に何を訊きますか?またそれはどうして?過去の偉人に「このとき何を考えてこんな行動を取ったんですか?」と聞くことができ...
FC2 トラックバックテーマ:「もし今誰かに質問するなら、誰に何を訊く?」



ピカソに聞きたい。

もし今の世にあなたがいるとすれば、CGやアクリルを使ってどんな絵を描くのでしょうか?
また、牛骨を題材に描いたのはなぜでしょうか?

初日レポート
グループ展の初日についてもうちょっと書きます。

動物の絵のグループ展でした。
集まった絵を並べて飾り付けて、ギャラリーのオーナーさんのご厚意でちょっとした食べ物が入ってきました。
しかも、スクールの先生からの焼酎の差し入れ!(メンバーにお酒好きな方が多くて、よく飲み会をやってます)

乾杯して・・・・酒談義(笑)
全くみんな酒好きなんだからあ~~~~

次第にギャラリーが酒臭くなってきました。

酒の勢いもあってか(?)いろんな事を話しました。

スクールの昔のサマースクールの伝説とか(ちょっと公にはいえないこと)

元々通信教育なのでモチベーション維持しにくいからこそ横のつながりの大切さとか

スクール自体がどちらかといえば女子校状態になりつつあるので、真面目すぎてつまらなくなりつつあるなあ~とか。

アートコンテストの表彰式の会場がとある美術館の中だったので、狭くて入れ替え制になってなって不自由だったとか
(以前のヤマハホールは良かったけど、今のトップが経費節減に走っているので会場がしょぼくなっている?とか)

表彰式の会場の件は、全国の受講生&会員の皆さんが声をそろえて
「来年からは以前のヤマハホールのようなちゃんとした会場にしてください!」って言わないとますますしょぼくなりそう。
もちろんパーティーも以前のように。

横にずれましたが、表彰というのは盛大にやらないと頑張り甲斐がないでしょう?

この日はいろんな方が来てくださっておかげさまで結構にぎやかでした。
中でも、ギャラリーのオーナーさんの知り合いAさんと有意義な時間を持ててよかったです。
Aさんはアートディレクターとしてイラストレーターを使う立場の方で(ご自身もイラストの仕事されてたそうです)
はじめは他の参加者BさんやCさんと話していて、Bさんは僕よりはるかに凄腕だけど絵に関して悩んでいるところがあって、それについて出品作を見ながらAさんと話してました。

話の中で、Aさんは
「奇をてらうようなことをするのなら、こういう絵でやるべきでしょう!」
と言って、思いっきり僕の絵を指差してました。
これです。
RIMG0251.jpg

う~ん、奇をてらってるように見えるのかな?
確かに、ピンク使ってるのは、僕なりに考えがあってのこと。
一応下塗りから細工はしてるんですけどね。

気になったので、タイミングを見て輪の中にすべりこんで聞きました。
「あれは僕の絵なんですけど、まずかったですかねえ?」
Aさんは
「あれ君の絵?いいじゃない!」とニコニコ。
それから、表現力に関する話になりました。
Aさん、なかなか面白い人だな。
顔も広いそうだし。
で、名刺を頂きました。
僕はまさかこうなるとは予想してなくて名刺持ってませんでした。
それを逆手にとって、改めて名刺をお渡しがてらAさんに絵を見てもらう機会を聞きました。
それに向けて、攻めた絵を描きます。

これはねえ、攻めなきゃ損です!
人生いつどこにチャンスが転がってるか分かりませんから。

だから、人見知りなんて力任せでも克服しないと絶対に損します。
僕も子供の頃超人見知りでしたが、男はそんなこと言ってたら世の中やっていけないので無理やり何とかしました。

ともあれ、これはAさんへのプレゼンです。
スクールの某先生の言葉を思い出しました。
「プレゼンは、一撃で相手を打ちのめせ!」

攻めます!
グループ展初日
これから買い出ししてパーティーです。
感想ノート誰か書いてえ~(懇願)
やられたあ~
たった今、すれ違い様に超強烈かつ安い香水のカウンターパンチをもろにくらいました。
や、やられたあ~→気分は時代劇の斬られ役
素晴らしいサービス
ドコモが電話で通訳サービスを始めました。
これは素晴らしいですね!

例えば、僕が電話でアメリカ人に日本語で話すと自動的に英語で伝わります。
相手が英語で話すと日本語で僕に伝わるというのです。
まずは英語、更に韓国語や中国語での翻訳サービスも予定されているようで、おおいに期待したい。

「そんなことすると、勉強しなくなるんじゃないか?」
いやいや、そういうことはまた別の話。
大体、英語を今から勉強してペラペラになるのにどれだけかかることでしょう。
また、僕はこれからは英語と中国語は必須だと思います。

一例を挙げると、絵本作家を目指す人は中国をターゲットにするべきです。
なぜなら、日本は少子化が進んでいるからです。
中国は一人っ子政策とはいえそれでも日本よりは子供多いから、チャンスは日本よりあるでしょう。

それに、日本はこれから海外でバリバリ稼ぐ必要があるので、外国語にコンプレックスのある日本人にとってこういう翻訳サービスは日本にいながらいろんなチャレンジできるきっかけになればいいなあと思います。
SKYPEでもこういうサービスやってもらえたら最高です(笑)

テーマ:NTT DoCoMo - ジャンル:携帯電話・PHS

KY

てっきり年中空気読まないという意味かと思ったら、カカクヤスクだって。

忘れてた
グループ展の絵、完成しました。
今週末の初日のパーティー準備に遅れないようにしなきゃ。
(ちなみに、ちょっとした食べ物出ますよ~無料です)