熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



向井潤吉展
たまたま百貨店でやってたので見てきました。

日本の古い民家をたくさん描いた画家です。
正直いって、ぱっと見には地味。
でも、よ~く見ると、油絵のすごさをわかりやすく伝えてくれているように感じました。

向井さんは海外で様々な名画の模写もされていて、それらも何点か展示されてました。
(その中にはルノワールも!)
僕が所蔵しているスクールの先生の著書の中にこんな記述があります。

「油絵の具の最大の特徴は、肉味だ、物質感だ、固体感だ。それを最大限に生かしたのが印象派であり、ゴッホなのだ。ゴッホの筆触は、溶き油を使わないで油絵の具を直接筆にとって画面に直接に色を載せたところにある」

p040710_11.jpg

この絵も、多少は溶き油を使ってはいるものの、アップで見ると絵の具をしっかりキャンバスに刻み込んでいるような感じすらします。
だから、遠くから見ると絵の具のひとつひとつの塊が立体感を醸し出すので目に強く飛び込んでくるのでしょう。

キャンバスの地が見えるほど油で薄くのばされた絵の具では、到底こうはいきません。

雲や路面の描き方次第で、雨そのものを描かなくても雨が降ってる様子を表現してる絵もありました。
絵がうまくなるには、やっぱりデッサンや絵の具を使っての試行錯誤こそが糧になるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

さすが巨匠!
さきほど「美の巨人達」を見ました。
今回は、ラファエロの小椅子の聖母子像

raph_seibo.jpg

当時、聖母子像といえば、聖母マリアの服は赤というのが定番でした。
敢えてタブーに挑戦して緑の服にしたのはなぜか?
赤ちゃん(イエスキリスト)の服の色も。
更に構図の秘密なども紹介されてました。

構図も、色も、聖母マリアの視線も
それぞれちゃんと意図があって描かれていました。
さすが巨匠です。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

手描きとCGについて
決してCGを否定するわけじゃないけど、僕は手描きはCGより優れていると思います。

あるアニメ監督さんも手描きにこだわっています。
(そういえば宮崎駿監督も手描き派です)

詳細はこちら。

僕が感じるのは、手描きだと自分の心の中の漠然としたイメージを、何らかの形で紡ぎだせるのが手描きだという事。
更に、CGはPCがないとできないけど、手描きならいつでもどこでもできる。
閃きをモノにする習慣をつけやすい。

もちろん、スケッチからCGで自在に味付けしていくのは大いに結構なことです。
ませてるなあ(笑)
最近、放送されているダイハツ・タントのCM。

幼稚園へ息子を迎えに行くと、なんと可愛い彼女が手をつないで登場!

小池栄子ママが「お友達?」って聞くと、この女の子が

「彼女って言って」ですって(笑)
tnt_img_cm10_014.jpg

子供って見てると、本当に面白い!
個性の塊です。

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

材料ゲット!
隣町の画材店へ絵の具を買いに行きました。
ご主人には、これまで絵の具その他アドバイスいただいたりしてました。
ふと、今回のコンテスト出品の絵にあるものをたくさん必要としていることを話しました。

ご主人「ええっ、そういうのを使うのは聞いた事が無いなあ」
僕「そうですか?それならうれしいです。画材店で売ってるものは、みんなが使うからこそ売ってるわけですから。
大量に手に入れるのが難しいのは大変だけど、誰でもできるわけじゃないのはチャンスでもあります」
ご主人「そうですね。・・・それならここからちょっと行った所に○○というお店があります。
うちで紹介されたって言っていいですから、分けてもらえるか聞いて見てはどうでしょう?」
僕「それは助かります!早速行って来ます」

と言って、行って来ました。
結構繁盛してたので=ということは、たくさんあるに違いない

あっさりとたくさん分けて頂けることになりました。
明日にでも頂いてくることにしました。

今の自分に出来ることは全てやっておきたい。
後になって
「あの時やっておけば良かったあ~」
なんて愚痴をこぼすような事だけはしたくないんです。

なお、今回のわけてもらえる材料は・・・やっぱりずっと内証にします。
もしも俺だけの武器!になれば、最高に嬉しいです。
もう一度

作っております。

今度はカラー版にする予定。
こういう両生類・爬虫類系もいいかなあ、と。

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

探しに行こう
スクールのコンテストに必要なものがあります。
昨年は、題材として豚を描くために養豚場へ見学に行きました。
責任者の方が偶然僕と同郷出身だったので、生まれたばかりの豚の赤ちゃんなど色々見せていただきました。

さて、今回はあるものを分けていただきたくて、あちこちへ行ってみることにします。
それが何なのか?はコンテストが終わるまでのヒ・ミ・ツ
pixiv
最近、pixivに切り絵を投稿するようになりました。
ここやHPに載ってるものばかりですけど。

第三者から見て、自分の絵がどう見られるのか試してみたかったので。
というのは建前で、とある美人に勧められたというのが本当のところ(笑)

何となく傾向がつかめてきました。

ここしばらく、pixivや売り込み用の切り絵やイラスト作成、スクールのコンテスト作品の習作などを並行して作ります。
コンテスト作品については詳細は書けないけど、意外と今までの切り絵でもやってきたことが一部生かせるかも。

何事もやってみる事で、良くても悪くてもデータになるものです。
木村コーチ
巨人軍の木村コーチが亡くなりました。
御冥福をお祈りします。
昨年のキャッチャー木村拓也が思い出されます。

0.jpg

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

歯科とアート
本日付の日経新聞に、元歯科大学生で歯科医療に使う道具を駆使して絵画や彫刻の作品を作る方が紹介されてました。
日経新聞というと、株価や経済などのイメージがありますが、意外にも文化欄が結構面白いんです。
アンドリューワイエス展の特集もあったし。

それはともかく、この方は絵を描くときのペン先を歯科医療に使う道具によって削りだして作るそうです。
そして、まるで葉脈のような細い線を幾重にも重ねて描くとか。

彫刻では歯科医療に使うプラスチックや金属などを使うそうです。
よく歯の詰め物などに使うものです。
人間の歯の内部という奥まって複雑な形状の箇所に使うだけに、複雑な立体曲線を形作りには適していているし、歯科医療を学んだのだから扱いは熟知しているというわけです。

仕上げには、「キューン」という音でおなじみの(汗)カーバイドバーなどで削るんですって。

更に、歯科大学で学んだ組織病理学という学問も、作品作りのヒントになったようです。
この学問では、人体の細胞を顕微鏡観察することが多いので、細胞の組織から自然の美を彷彿とさせるというのに驚きました。

絵を描く人は、理数系が苦手とか興味ないという人が少なくないでしょう。
でも、日常の何気ないことにも実はなんらかのヒントが隠れているんじゃないか?と思います。
この元歯科大学生だった方も、しかり。
何より、自分で独自の道具を作れば、誰にも真似できない作品作りが出来ます。

今年のスクールのコンテストも、一応取り掛かりました。
昨年よりは、原点に立ち返りつつも新たに閃いたことで勝負します!
山ねずみロッキーチャック
先日の堀江美都子さんのアニソンが懐かしくて
山ねずみロッキーチャックの動画あるかなあ?
と探したら、あるものですね。

OPとEDがこちらに。

このアニメは、元々ムーミンの後番組として放送されたと思います。
音楽がムーミンと同じ方でした。

原作ではロッキーチャックの名前はジョニーでした。
それ以外のキャラは、親友のうさぎのピーター、かけすのサミー、きつねのレッド、ふくろねずみのビリーおじさんも皆同じです。

知名度こそイマイチですが、できれば是非リメイクして欲しいアニメです。

テーマ:懐かしいアニメ作品 - ジャンル:アニメ・コミック

人間交差点

久々に買いました。

王さんとイチロー選手
落合さんと松井選手(巨人時代)
長嶋さんと原さん
いろんな方達の様々な交流が書かれています。

その中で、高校時代の菊池雄星投手と花巻東の佐々木監督のエピソードがとても良かったです。
ただ勝てばいいじゃなくて、
人としてどうあるべきかまで野球を通じてきちんと教えているのが素晴らしい!

ミーティングの時に監督は選手達に例えばこんな話をしていたそうです。

「ふたりの木こりがいて、ひとりは寝食を忘れて働いている。
もうひとりは食事も睡眠も取った上で働いている。
それでもふたりの木を切る量は変わらない。なぜか?
もうひとりは、斧を研ぐのに時間をかけていたから。」

要するに、何事も闇雲にやるのではなく、考えてやりなさいと教えていたそうです。

これって絵を描くのにもいえる様な気がします。
感性だけで描くと、遠からず壁にぶち当たります。

しっかり考えて、しっかりデッサンして
そこからでしょう。

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ