熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい!
ミューズの晩餐という番組に、アニソンの女王こと堀江美都子さんが出てました。
こんなに笑顔がとってもチャーミングな50代の女性は久々に見ました。

数々のヒット曲があります。
一番はなんといっても「キャンディ・キャンディ」→レコードが当時100万枚売れたとか。

この歌には、ツボがちゃんとあるそうです。

あと面白いのは「完璧にうまく歌ってはいけない」という考え方。
むしろちょっと隙があるくらいがいいとか。

人間に例えると、何でもそくなく完璧にこなして欠点の無い人って、あまり親近感がわかなかったりしませんか?
欠点はあっても、笑って許せる範囲であれば、愛嬌がある人ならかえって親近感がわくこともあります。
そういう雰囲気を醸し出せる歌が、人の心をつかむのかもしれません。

絵も、隅から隅まで徹底的に書き込みすぎて
「うまいけど、うまさが鼻について可愛げが無い」
そういう絵は、好かれにくいかもしれません。

なお、番組の中で歌ったのは

キャンディ・キャンディ
あくび娘(ハクション大魔王)
山ねずみロッキーチャック
花の子ルンルン

歌によって、歌い方を微妙に変えてるのがよく分かりました。
ひとつひとつの歌をとても大事にしてるし、メロディーを崩したりせずにキレイに歌っていたのも良かったです。
歌を聴いている子供達のことを、ものすごく考えてると感じました。
こういう方こそがプロなんですよね。
スポンサーサイト

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

なにげに閃き!
本当にちょっとしたことなんですけど。

コンビニで切手を買いました。
その際、切手ってシートに繋がってるのを欲しい枚数分切り取ってもらうでしょう?
店員さんが切り取ってるのを見て・・・閃いたんです!わはは!

なにが閃いたか?
それは・・・ひ・み・つハート

今まさに、その閃きを元に描いてるところですのよ~~~♪

先んずれば制すですね。
おもちゃ電車
和歌山電鉄の貴志川線を走る名物電車です。
工業デザイナー車内にはガチャガチャなどのおもちゃやグッズなどもあります。

子供達が夢中になってる様子をイメージしながら作りました。

水戸岡さんの著書を読むと、いかにお客様の事を真剣に考えて考え抜いてデザインされているのかが伝わってきました。
PICT0080.jpg

今日は飲み会でした。
スクールの飲み会に行ってきました。
本来は僕は参加者じゃないんですが、とある方からご招待頂きました。

スクールの教室には珍しく参加者同士で飲み会やお茶したりなど交流があります。
これがグループ展の開催などに繋がっているのです。

地域のグルメネタから昔のサ○ースクールの豪傑たちの話とか(あの頃はすごかった)
今は、みんなおとなしくなって、個性は弱くなっています。

いろんな人がいたっけ
コスプレする人もいれば
ニューハ○フさんもいれば
昔の会員誌を引っ張り出してみると、酒で顔が真っ赤っかの写真がゴロゴロ(笑)
罰ゲームの話もあるけど、ここでは一応このくらいにしておこうっと。

男の人のいいところって、いい意味でバカになれるところ。
そういうところをうまくコントロールするくらいの腕の女性がいると、場が盛り上がるんですよね。

いくらうまい人でも、人間なんだから調子の悪いときはあるでしょう。
様々な事情で絵を描きたくても描けない時だってあるでしょう。
それは全然悪いことじゃない。
本人じゃないとわからない事ってたくさんありますから。

だからこそ、機会があれば是非スクールの受講生や会員同志どんどん交流してほしいものです。
巡り巡って、自分のためになりますから。

勇気出すのはしんどいでしょう。
でもその一歩は大きな意義があるでしょう。

勇気を出そう
好きな画家はたくさんいます。
その中で、ルノワール。
今でこそ巨匠ですが、若い頃は「ルノワールには才能がない」と陰口叩かれたこともあるとか。
モネも印象派としての作品を発表した当初は酷評され、絵はなかなか売れませんでした。

そういう苦しい時期を乗り越えてきたことは、単に偉大な画家だからというより、ひとえに我慢と努力の積み重ねであるといえるでしょう。

僕も、まだまだ道は遠いけど、「見せる」絵ではなく、「魅せる」絵を作り上げていきたいものです。

自分でやってるんだ
続けて、明菜さんの懐かしい動画をこちらに
finという歌です。

デビューしてからまだ10代の内から、彼女はメイク・衣装・振り付けを自分でやってたそうです。
finの衣装もとってもセンスいいなあ。
歌の中で、
「でもその手は、美しい人を~いつか抱・く・わ」
というところの手のさりげない使い方とか(当時21歳)

デモテープを聴きこんでイメージがしっかりできてから歌うので、振りも曲にあったものになっているのでしょう。

エンターテイメントとはなんぞや?という点について、こういう方から参考になるものは少なくないと思います。

なお、さきほど「ザ・ベストテン」の動画を見たのですが、
当時自分が歌った番組をビデオに録って、後で見て悪いところを直すなど陰でも努力してたそうです。
人気絶頂でありながら、一流の人はそういう努力をするのが当然なんでしょう。
心の履歴書
ある本にこんな記述があります。

「私、歌はヘタだと思う。すごく上手な方はいっぱいいるから。
でも、歌のイメージを伝えるっていう自信だけはあるの。
雰囲気を伝える自信だけは。
すごく生意気な言い方になっちゃうけど、ひとってうまい歌を聴きたいとは思わないんじゃないかな。
うまいな~、さすが歌手って思わせるような歌はね。」

これなんです!
僕が今まで何度か「うまければいいってものではない」と書いたのは。
まさにドンピシャ!

で、この本は、「心の履歴書」
中森明菜さんの自伝です。

動画をひとつ、こちらにて。、人を引きつけることができる人って、選ばれた存在なんだって改めて思いました。
差し支えなければ、10~20代の方がこの動画で中森明菜さんの歌を聴いて感じたことを聴いて見たいものです。
第922回「マッサージ屋さんへは行きますか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「マッサージ屋さんへは行きますか?」です。 ワタシ自身が胸を張って誇れる事は、タフな忍耐力と、ヤル気と、強固な肩こりです!正直、これが一番誇れる事かも知れません…24時間365日気を抜かずにこり続ける私の肩。たまには休んで頂きたいので、マッサージ屋さんに行きます。クイックマッサージ屋さんへ行ったり、アロマオイルを使ってじっくり施術して...
FC2 トラックバックテーマ:「マッサージ屋さんへは行きますか?」



このテーマ、正にタイムリーな話題です。
というのは、最寄の駅前にオープンしたマッサージ店に何度か通っているので。

いつの間にか左手の握力が落ちたり

たまに手首が痛くなったり

腰や脚も疲れがたまってるような気がして

振り向こうとすると首が痛くなったり→借金で首が回らないのではありません

で、行ってみてもらうと・・・

あっちこっち相当張ってました(汗)

体にたまってる膿を抜いてもらってる感覚

握力は戻ってきたし、首はちゃんと回るし

今まで、マッサージ=贅沢というイメージがありました。
でも、自分の体は何より大事ですから、これからも定期的に通おうと思います。
一日中立ちっぱなしとか歩き詰めとか事務作業などでず~っとPC作業してる人とか
マッサージいいですよ♪

人生相談室
いつも硬い話が多いので、たまにはこんなものはいかがでしょうか?

愛と裏切りの新春ボコボコ相談室
続けることの難しさ
上村愛子選手、惜しくもメダルを逃しました。
さぞや悔しかったことでしょう。
ただ、忘れてならない事があります。

彼女は、オリンピック4大会連続で入賞したのです。
つまり12年にわたって世界の第一線で入賞するレベルで活躍してきたという事。

人間万事塞翁が馬と言うように、誰しも公私にわたって良いことも悪いこともあります。
一流というかある程度成功している人って、そんな状況下でも

続けている

という点が凄いんです。

上村愛子選手にしても イチロー選手にしても
タイトル獲るとかメダル狙うという以前に、
そういう領域に君臨しているのを続けているという事が凄いんです。

かなり前ですが、絵のスクールで著名なイラストレーターの先生がこんなことをおっしゃってました。
「僕は、かなり上手いけど4~5年くらいで消えていった人を何人も見てきた」

一発だけなら誰でも出来ます(まぐれも含めて)
その次の2発3発と続けていけるかが大事。

僕は、ある画廊喫茶のご主人に切り絵を辛口コメントいただきました。
そのときにも言われました。
「何枚も描いていれば、そのうち一枚はいいのが出来るでしょう。
そういういいのを2枚3枚と続けて描けるかが大事だよ」って。

上村愛子選手のように、自分は12年以上もみっちり描いてきたかなあ?といえば・・・
描いてませんね。
途中で一時期腐ってたし。
でも、それは腐る自分が悪い。

自分のことって、結局は自分自身に責任があるのです。

テーマ:バンクーバーオリンピック - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。