熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家で剪定
20091231131945
ナタで太い枝を切っている所です。
しぶとい木ですf^_^;
こちらは雪がチラついて来ました。
皆様、どうぞ良いお年をm(_ _)m
スポンサーサイト
切り絵で似顔絵
わかりますか?
PICT0237.jpg
特技は空手だそうです。
キャッチフレーズの「いのちの政治」も良いけれど
できれば「不景気に正拳突き!」の方がいいなあ~♪

髪型とほっぺたの形が特徴です。
服装は、ぜ~ったいにパンツスーツがお約束(笑)
ちなみに、事務所のソファはニトリさんで買ったそうです。
魯山人展
日本橋の高島屋へ行って観て来ました。
20091227195126

昨日の「美の巨人達」を見て、魯山人の陶器を無性に見たくなりました。
天気良かったので、スクーターで出かけました。
途中、皇居のすぐそばを通ると、ランナーがたくさんいるわいるわ!
自分も走ってみたくなりました→単にミーハー
日曜日の都心って意外にクルマが少ないんです。
特にトラックが少ないので、平日よりクルマの流れはずっと良いのです。

これは、皇居の和田倉橋から撮りました。
20091227195123


魯山人が営んでいた料亭「星岡茶寮」が繁盛し、器が足りなくなって自ら作るようになったのがきっかけだそうです。
だから、あくまで料理をひきたてる事を第一でありつつも、随所に遊び心が感じられて、見ていて楽しめました。
特に、こういう写真が何枚か器のそばについてました。
20091227195120

魯山人の元で働いていた料理人の料亭が盛り付けた料理です。

実は陶器には超無頓着で、持ってるコーヒーカップは知人からもらったムーミンの絵入りのカップという僕です。
そんな僕でも楽しめました。
瀬戸、信楽、備前、そして織部と色々作ってるのはすごいです。
特に備前焼の緋色は良かったなあ。
あの色彩から何か盗めないかと見てたら、やっぱり「盗む」ような目つきで陶器をじ~~~っと見ていた女性がいました。

壁画「桜」も圧巻でした。
桜の花びらに、白蝶貝や陶片を埋め込んで作っているとは。

こういう人からワザ盗めるチャンスなんて滅多に無いですから。
おすすめです。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ワクワクさせてよ
20091225212658

僕も「海賊」見に行く事にしました。
但し、熊川さんじゃないダンサーの公演ですが。
熊川さんの回よりチケット安いのと、これからが楽しみな人材を見るのもいいかな、と。

きっかけは、最近ワクワクしてるかな?って思ったことです。
今までコンテストで入選したときって、僕の場合に限って言えば、ワクワクしながら描いてました。
言い換えれば遊び心があったので、色々楽しくいじって描いてました。

自分がワクワクしないで描いた絵って、人様からはどう見られるでしょうか?

熊川さんって、バレエを面白くエキサイティングな舞台にしようとしてるので、僕みたいにバレエ知識皆無な人間でも分かりやすくて面白いんです。
これって、絵にもいえるんじゃないかな?って。

ワクワクできることって、意外とありそうで少ないような。
他にはディズニーランド?それじゃワンパターンっぽいかも。

ワクワクといえば・・・こんな歌がありましたっけ。
http://www.youtube.com/watch?v=wrEHDSzc_s8&NR=1
明治神宮
明治神宮に行って来ました。
ほっとする場所です。
大きな神社の空間が、日本人として心地よさを感じます。
20091221220504


縁起をかつぐというか心をリフレッシュさせたくて、ちょっとした祈願をしてきました。
ちゃんと神主さんや巫女さん達が出てきて、色々やってもらいました。

・・・と、神宮を出ると、すぐそこは原宿駅。
いろんなレイヤーさんがたむろってます。
その中で、NARUTOのレイヤーさんに一枚撮らせていただきました。
20091221220501

右側の人はナポレオンみたいな服着てた男の子でした。
おそらくNARUTOレイヤーさんは女性で、きっと親子でしょう。
世の中には、いろんな人がいるものです。
忘年会でした
今日は、スクールのイラスト仲間達との忘年会でした。
先日のグループ展の方からお誘いを頂いたのです。

席上、コンテストに出品した絵について先生から率直な感想を頂きました。
お陰さまで、吹っ切れて描けそうです。

スクーリングなどでもそうですが、一生懸命絵を描くのは勿論良いですが、終わったらさっさと帰ってしまう人の多いこと。
勿論個人の自由ではありますが、酒やお茶の席などでいろんな話をすることは意外な効果があります。
特にひとりで悩んでる方などには良いと思うんですけどね~

このスクールは女性の割合が非常に高く、酒やお茶などの席というのは男性側では企画しにくいんです。
もしも
「あの男性は飲みに行こうってしつこいんです~」
などとスクールに告げ口されたら、男性の立場は著しく悪くなるからです。

もちろん女性側でも、みんなをお茶に誘うというのはとても勇気が要ります。
だから一度誘われて無下に断ってしまうと二度目三度目は普通はまず無いものと思っていいでしょう。

誰だってモチベーションをず~~~~っと維持するなんて至難の業です。
そんな時に刺激になる仲間がいるのは、とてもいい事です。
予想通りGET!
来年2月、熊川哲也さんのKバレエカンパニーで「海賊」というバレエの公演があります。
全部で4公演。
そのうちひとつだけ土曜で、熊川さん以外の人が主役を演じます。
なので、この日だけチケット安いので、僕はこの日に観に行く事にしました。
(あっさり取れたし)

ただ、熊川さんの出る日は、あっという間に完売。
僕の母親が大ファンで「海賊を見たい!」って前から耳にたこが出来るほど聞かされてました。
でも完売なので、とても落胆してました。
この時点で、僕はまだ望みはあると予想してました。

Kバレエの場合、あるチケットセンターへの電話予約のみとなっています。
電話予約日から一週間以内にコンビニ用の支払い用紙が送られてきます。
それから一週間後が支払期限。
つまり、電話予約後の2週間以内にキャンセルが出る可能性があるだろうと見てました。
そして本日電話してみると・・・・

やっぱりキャンセル出てました!
それも熊川さんの出る日でS席で結構いい場所で!


予想通りでした。
勿論すぐ申し込み、母親に知らせたところ大喜びでした。

何事もあきらめずに。
悪いときほど冷静に。
何かしらできることはあるはずですから。
年賀状
さて、そろそろ年賀状書かねば苦笑い

来年の干支にちなんで、ただ虎のイラストじゃあつまらないなあ~

・・・と、そうだ!
このお方のイラストを描こう!
A2291_I1.jpg

憧れのスーパースターでした!
一流の芸
まず、これは熊川哲也さんのバレエ「くるみ割り人形」のDVD。
20091210001657

昨年末、舞台を観に行ってきました。
当時、熊川さんは怪我で出演してませんでしたが。
このDVDでは熊川さんが出演した時の映像や、振り付けの指導やレッスンや舞台つくりの一部始終などのメイキングシーンなどもふんだんに載っています。

この画像は、以前フェラガモの職人さんの靴作りのデモの様子です。
20091210001655

共通しているのは、見えないところにも手間を惜しんでいない点です。
どうやったらお客様に喜んでもらえるか、役に立てるのかなど。
それが欠けては、単なる自己満足となり、到底プロとは言えません。
少なくとも人様からお金いただけませんよね。

この画像は、クラシック界で有名なギタリスト、村治佳織さん。
20091210001652


10代からプロ活動。
僕はまだ今ほど有名になる前にコンサートへ行った事があります。
4回。
この方のギター聴くと、その凄さがわかるでしょう。
というか、わからないのは、普段安っぽいものにしか触れていないという事。
僕は音楽やってる方のインタビュー記事とかはあまり興味がありません。
理屈より、音楽の中身が全てだから。

僕も少し楽器かじってますけど、彼女のギターを聴いていると、これだけの演奏レベルとなると、どれだけ普段から練習しているのか想像を絶する域でしょう。
それだけ彼女も手間をかけているという事。

ここに挙げた方たちは、普段から汗水たらして手間をかけていいものを作ろうと努力されている。
手間を惜しんでは、お客様に失礼です。
いわんや、お金もらっちゃいけません。

ある会社の社長さんが、新製品を作ったという若手社員にこう言いました。
「お前、自分の給料からカネを出して、それを買うか?」
美しく見せるには
さきほど、アインシュタインの眼という番組を見ました。
バレエダンサーの特集でした。

ハイスピードカメラの前でジャンプや回転などをしてもらい、その動きを細かく調べました。
ダンサーは、海外やKバレエカンパニーなどで活躍しているSHOKOさん。

あたかも宙高く跳んでいるかのように見せる動きが実にきれいでした。
SHOKOさんにインタビューもしてました。
お客さんから見て、どういう角度でどういう動きをしたらいいのかを非常に細かく考えて踊ってるんですね。
正直びっくりしました。
一流の人って、こんな風に常に考え研究して努力してるんですよね。

SHOKOさんは、とっても美しいです。
だけど、その美しさは、ものすごい努力の積み重ねだとわかりました。
すっごくスタイルいいです。
それは、鍛錬によってバレエダンサーならではの鍛えられた筋肉などが、美しい姿勢を形成しているんです。

今後、顔がどうこうじゃなくて、ぱっと見て美しいと感じる雰囲気の女性を描くのに、この番組は非常に参考になりました。
ゲストの熊川哲也さんのコメントもメモしたし。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

魅せるヒントはここに
マイケル・ジャクソンが好きです。
youtubeでビリージーン歌ってる動画を見つけました。
後半6:50頃からのダンスというかパフォーマンスに注目です。
http://www.youtube.com/watch?v=2MuhAs481wk

前から感じてましたが、マイケルってパントマイムを巧みに使ってます。
彼のダンスは切れが良くてスピードのある印象ありますけど、ムーンウォークとか45°に傾いたり等のワザって意外とゆっくりやるんですよね。
スピードに緩急をつけて、お客さんに「見せる」ところを敢えてゆっくりやったりします。
エンターテイメントとはこういうことを言うんだなあ、って感じます。

お客さん達の心をこれだけつかむというのは、本当にすごいことです。
初めて
20091201232503
こういう窓拭きしてる人、初めて見ました。
屋上からロープにつかまったまま降りながら窓拭きしてました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。