熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路城
見に行ってきました!
きっかけは、所属しているスクールのY先生が姫路城を見に行かれたそうで、自分も行きたくなったから。
そういえば大掛かりな修復工事があるとか。
姫路市役所に問い合わせてみたところ、10月から資材が運び込まれて始まるそうです。
なんとか9月中に行こうとしましたが、高速バスのチケットがなかなか取れなくて、やっと行って来ました。
新幹線高いんだもん汗

姫路駅からまっすぐ歩いて行くと、割合早く見えました。

これです。でっかいです!
PICT0144.jpg

まずは、菱の門。これは結構大きな門です。
PICT0145.jpg

この門をくぐると、右手には・・・
PICT0146~2

な~んだ、すぐそこに天守があるじゃないかあ。
これなら、結構すぐに行けるなあ。
・・・と、目の前の門を目指して。
PICT0147.jpg

しかし!
菱の門の陰には、伏兵の通り道があるのです!
この画像の門へ行く敵兵に、後ろから伏兵が襲い掛かるという具合です。
なお、この時僕のすぐ目の前には身長190センチ近いロシア人がいました。
オリンピックの砲丸投げの選手みたいでした。
偶然のタイミングでしたが、僕は彼の後ろをついていったのです。
続きは、また。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

いいきっかけに
とある方からHPを通じて声をかけていただきました。
都内のCAFEでも展示会など企画しているそうなので、お忍びでCAFEへ行って来ました(笑)

まだ、色々やりとりしている段階ですが、いい方向へ進めば嬉しいものです。
どちらかといえば、イラストレーターより画廊の方がいいので。

フツーの売り込みじゃあライバルもたくさんいるし難しい。
なので、ちょっと一風変わった売り込みしようかな、と新たに制作している矢先に頂いたお話です。

収益の柱は二段、三段構えでいきましょう。

やっぱり米米最高!
美の巨人を見ようとして、早めにテレビを見ていたら、なんと米米CLUBが出てました!
やっぱり最高!米米!
37f8565b6627235d60f7f1227c98c3ce.jpg

カールスモーキー石井の軽妙なトークや一人芝居に笑い転げ
ジェームス小野田の登場は神の降臨のごとくお迎えして
Tシャツが汗まみれになるくらい踊りまくりました。

米米といえば、シュークリームシュのダンスは結構手を使った振り付けが多いです。
あれは、ライブの時にお客さんが一緒に踊りやすいようにしてるようですね。
当時は「ア・ブラ・カタ・ブラ」がリリースされたばかりでした。
一番楽しかったのは、やっぱりSHAKE THE HIP!でした。

僕にとって、これほど楽しくってはじけられるバンドは世界中探してもいません。

ああ、ライブ行きたいなあ。
だけど、チケットなかなか取れないよお

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

V3って言われたら
本日、巨人がリーグ優勝をひとまず決めました。
もちろん、クライマックスシリーズは残ってますけど、今日のところはそういう野暮はなしで。

3連覇ということもあって、テレビではしきりに「巨人、V3!」って言ってました。

V3って見たり聞いたりすると、僕はうずうずするのです。
V3といえば、なんてったって、このお方です。

0224000.jpg
「へんすん、ぶいすりゃああああ!!!」

ですよね(笑)
ちなみに変身後は、このお姿
FPI605190307AR_b.jpg

仮面ライダーといえば、こんなことがありました。
昨年のことですが、kf・・・いやいや、スクールのイラスト仲間のグループ展に行って来ました。
出品者の絵の前に、感想ノートを置いてあったりします。
その中の同世代の男性のノートが、気の置けない仲間達による愛の落書き無法状態と化しておりました(汗)

なので、僕も旅の恥は描き捨て親愛なる心を込めて、こういう人物の漫画を描いてきてしまいました、いやはや。
t01.jpg

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

得してること
東京へ来て得した事をひとつあげるならば、テレビ東京を見られること。

カンブリア宮殿 色んな経営者の話は実にためになる。
          最近良かった方を挙げると・・・
          再春館製薬の会長(女性) 
          広島のメガネチェーン店の創業者、
          スズキの社長、山形の平田牧場の社長。
          それから工業デザイナーの奥山清行さん 

失敗したことを、ちゃんと次につなげているし、なにより我慢強い。
自分のことばかり考えてなくて、「人」のことを物凄く考えている。
他人任せ者なくて、自分から動かなきゃダメ!というようなこと、皆さんおっしゃってるように感じます。
特に奥山さんはほとんど毎日、暇さえあればスケッチ。
「そんなの当たり前でしょ」って感じでした。
ということは、普段から描いて無いとだめってことです。

他にも、美の巨人 終わっちゃったけど地球街道も良かったし、田舎に泊まろう!も好き。
ルビコンの決断もよく見ます。

多分、民放の中で一番オモシロイのはテレビ東京じゃないでしょうか。          

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ

初めて見た
20090922204833

見えますか?
痛車ですよ。
テレビなどでちらっと見たことはありますが、走ってるのを見るのは初めて!

もちろんボンネットにも更に大きな絵が描いてありました。
なお、このクルマはsmartです。あ~あ。
新幹線の中で
20090920194852


ふと閃いて、万年筆で描きました。
描いているといろんな事が頭に浮かびます。
そんなときは、千手観音とは言わないにしても、あと3本腕が欲しい(笑)
いつも隅にチョコチョコメモするから、結構グチャグチャになってます(^_^;)
ギレン ザビ
今日、仕事帰りに、ふらっと寄ってきました。

メイド喫茶に

メイドさんお絵かきカプチーノにケーキのセット。
ここで、意外な事が。

僕はたばこ吸わないので、禁煙席がいいと思ってカウンターに坐りました。
すると、僕の顔を見るなり、となりにいたコスプレの方・・・あっ、レイヤー(と言わないといけないのです)さんに声をかけられました。
何でも、僕の顔が、ガンダムのギレン・ザビに似てるんですって。
ちなみに、こういうお方です。
t_giren2.jpg

・・・・って、眉毛ないですね、この人!
僕はちゃんと眉毛ありますから汗
まあ、今日はとても暑くて、ちょっと頭に被り物してぺったんこ状態だったからじゃないかな?
う~ん、ギレンかあ

ギレンといえば・・・

あえて言おう カスであると

ですね。

テーマ:機動戦士ガンダム - ジャンル:アニメ・コミック

収穫いろいろ
銀座のS先生の個展に再び行ってきました。
今回の個展にちなんだ夜会という絵に、先生が最後の筆を入れるところを見るため。
会員誌と見比べると、
「ああ、ここが変わってる。あ~、こんな細かいところに、遊び心があって楽しい~」
と、先生の制作の様子を見ながら楽しませていただきました。
S先生のパレットも写真撮らせていただきました。
ここにはアップしないけど(先生に悪いので)
S先生ならではの独特のパレットでした。
他にも、今人気の児童書のH先生や漫画家さんも見えてました。

ここでしか聞けない話がいくつか聞けました。
S先生の「どういう絵が売れるのか、売れるために必要ないろんな条件」に関する話とか
漫画家さんの絵の構図に関する留意点の話とか(これは、絵描いてやってしまいがち)

はっきり言って、絵を描く人たちはみんな自分の絵でもイラストでも漫画でも、売りたいですよね?
それも 高く(笑)
画廊に見えた「絵を買ったお客様または買ってくれる可能性のある方」を見ていて、痛感した点もありました。
世の中には、こういう方たちもいるんだなあ。
そういう方たちに目を留めてもらうには何が必要かが分かりましたが、それには越えるハードルがたくさん。

でも、そういうことにリアルに気づけたのはとても大きな収穫です。
無理して時間作って来た甲斐はありました。
これで、自分のやるべき必要な事がわかったので、早速スケッチしていくつか制作に取り掛かります。
そして、従来とは違った意味でのどぶ板営業でもやってみましょう。

人に先んじて情報を得ることは最も大切なことです。
やっと1枚目
遅れていたグループ展用の切り絵。
やっとこまずは一枚目ができました。

やるからには人と同じことはしたくないので(笑)

zhouenrai

画像がどうも寸詰まりな形ではあります(本当は違うんですけど)
琉世の切り絵で、正しい形の画像で是非ご覧ください(苦笑)
個展にて
20090912212602

日動画廊へ行って来ました。
それも、秋葉原から地下鉄で。

実は、ここでスクールの先生の個展が催されています。
が、僕はころっと忘れてました。
ただ、銀座なら秋葉原からの帰りの途中だし、日動画廊をのぞいてみたいと前々から思っていたので行ってみたところ、
「あっ!そういえばS先生の個展だった!すっかり忘れてた!」
先生が聞いてたら、怒られそう苦笑い
画廊の皆さんは席を用意してくれていたのですが、坐っていた人たちに先生いわく
「80歳以上の人だけ坐っていてください。他はみんな立ってください。
僕は、絵を描くときはいつも立って描いてます。
坐っていじいじ筆を動かしてるようじゃダメ!
見る時だって間近で見たり離れてみたりするのに立って見るでしょう。
だから、皆さん立って見ましょう!」
そして、S先生が展示されてる絵のそばにツアーガイドの如くみんなを引き連れてトークが始まったわけです。

僕はスクール入学した頃は、S先生の絵の表現そのものをなかなか理解できませんでした。
でも、先生の著書を読んだ上で改めて見ると、
「なるほど、ちゃんと根拠があって、こういう描き方をしてるんだ!」
ヌードモデルのデッサンの時に、陰影の表現で指摘された基本が先生の裸婦にはきちんと描かれていました。
一見奇抜な絵に見えるかもしれないけど、基本という土台がしっかりしていて、その上でああいう表現をしている。それにも意味がちゃんとある。

スクールの方なら会員誌があるでしょうけど、パーティーの絵の壁際の人物の中に、なぜかヌードの人が何人か描かれているのも、ちゃんと理由があってのこと。
その理由たるや、今後背景を描く上で、おおいに参考にさせていただきます。

S先生のパレットが置いてありました。
もちろん油絵です。
へえ~!こういう使いかたしてるんだ!
油絵やってる方は必見ですよ。

それにしても年配の方が90%以上で、スクールの人らしき若手の人はまばら。
もったいないですねえ
一流の技を見られるのに
決してごまをするわけじゃないけど、多分先生のすごさが十分わからないひとが多いのかな?
時間があれば、今度もう一度行きたいです。
先生が最後の仕上げするそうなので、ぜひ見たい!
築地でお寿司
大学時代の友人が、京都からやって来ました。
僕が京都へ行ったときは、大阪のお好み焼きなどを食べ歩き、こちらへ来たら、築地でお寿司がお約束。
生憎の天気でしたが、それでも結構たくさんの人がごったがえしてました。
(顔の星印は、見ず知らずの方なので一応・・・)
場内市場のお店は店構えの小さい店も多く、今や海外の観光客がたくさん来て混んでいるので、場外のお店へ。
20090912195910

まずはセットメニュー。
トロ、いくら、甘エビなど・・・そして大きな穴子!
おいしい~~~~
20090912195908

更に追加したのが、つぶ貝と金目鯛!
特に金目鯛は、軽く塩をつけて表面をちょっとあぶったところを、そのまま頂きました。
これまた・・・
おいしい~~~~
20090912195905

この後、友人のたっての頼みで、品王方正な僕はやむなく秋葉原へ行ったのです。
メイド喫茶行きたいよ~~~って言うんだもん。

行ってみたのは、中○翔子ちゃんのそっくりさんが一時期在籍していたお店。
やっぱり行列!
丁度メイドさん達の歌のショータイムだったらしく、異常な盛り上がりでした。

「こりゃあ、ちょっと無理だね~」
とあきらめて・・・・他のお店へ(笑)
そう簡単にはあきらめません。
でも、他のお店もお客さんが行列してました。
友人は泣く泣く帰って行ったのであります。

それにしても、雨の中よく待てるなあ~と思いました。
思うに、メイド喫茶へ来る男性の多くは、女性に優しくされたいのだと思います。
いい意味でバカになれるし、ちゃんと食事もできるし。

そういえば、秋葉原駅前に新たに画廊ができました。
多分、ラッセンみたいな絵でしょう。
いかにも「デキる女」っぽい感じのパンツスーツ姿の女性達がチラシを配ってましたが、メイドさんと見比べると、やっぱりコワイ。
もちろん秋葉原の男性達は、誰も受け取ってくれませんでした。
表現の免罪符
この度の入選作は、ある実験をしたもので、果たしてどういう評価となるか?
その結果、とりあえずやっても良いんだなという風に解釈しました。

過去の出品作を振り返って、なんとまあ人の眼を気にしたものばかりであったことか。
特に参加者は女性が多いので、女性から陰口を叩かれるのが怖くて、正直言って猫かぶってました。
子供の頃から、周囲の眼や外野の声に左右されやすかった性格のためです。

でも、それは所詮上っ面の絵であり、その場しのぎ。
だからバリエーションが出てこない。

しかし、今回は「更にこうしよう、ああしよう」とアイディアがわいてきています。
もう、こうなれば嫌われてもいいから自分らしくいきます。
特に、男という生き物は、女性から「いい人」と言われているうちはダメです。
もちろんコンセプトはちゃんとあって、表現の根拠もあってのことです。
ただ感性だけではないので。

初めて他の某展にも出品するべく問い合わせしてきました。
ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる→これではダメ。
ちゃんと作戦を立てて、○点出品。

絵画と切り絵とで、頭のスイッチをパチンと切り替えて攻めに出ます。
僕は「弱者」なので野村監督流にいきます(笑)
しびれました!
一昨日の巨人VSのヤクルトの試合で、滅多に観られないハプニングがありました。

延長戦で、普段レギュラー捕手の阿部、鶴岡選手らが交代でベンチに退き、三人目の加藤捕手が頭にデッドボールぶつけられて病院へ運ばれる事態になりました。
野球のルールでは、交代してベンチへ退くと再び試合に復帰することは禁止されてます。
さあ、捕手がいないぞ!大変だ!

となったところで、普段二塁手の木村拓也選手に出番が回ってきました。
日本ハムにプロ入団して最初は捕手でした。
その後、広島、巨人と移籍しているのですが、投手以外は全部ポジション守れるそうです。
とはいえ、捕手として試合に出るのは10年ぶり!

しかも、絶対に点をやれない場面で、結果的に投手が3人もコロコロ代わったのですから。
プロのフォークだの150キロの速球をちゃんと捕ってましたが、普通できないですよ。
よくぞこんなに無理難題に近い仕事をこなしたものです。

木村選手は現在37歳。
広島では若手中心のチームつくりに切り替えるという事で、半ばリストラ同然で放出されました。
腐らずに努力を続ける事が大事だと痛感しました。

ベンジャミン・フランクリンの言葉

天才とはとりもなおさず、人より優れた忍耐をする能力である。

なお、木村捕手の活躍は、巨人軍の動画発信コーナーにて観られます。
結構いいプレーがたくさんあった試合でもありました。

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

真矢さん最高!
最近、好きなCMがふたつあります。
いずれも女優の真矢みきさん出演のCMで、元宝塚ならでは!

まず、こちら。
TV-CM情報をクリック!
毎日これじゃあ、さすがに暑苦しいですけど(苦笑)

さらに、こちら。

こういうコミカルなことが出来るのは、一流の芸を持っているからこそ。
僕も更に仕掛けますよ~(笑)

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

御礼に一筆
今回のコンテストの入選作品の制作について、事前にあるところへ取材に行きました。
とある養豚センターです。

この度の入選作には豚が描かれています。
当初はネットで画像探して・・・と思ったのですが、豚ならではの味わいがどうも物足りない。
やっぱり実物に会いたいな。
動物園でもいいのですが、できれば畜産農家があれば見学できたらいいなあ。
と考えて、とあるところへ電話で相談したところ、取材OK!

* こういう時は、必ずアポ取るのが常識です。
断られてもしょうがないのです。相手は仕事してるんだから。

で、行ってみると、いるわいるわ!
特に子豚には赤外線のライトを当てていました。
豚って寒さには意外と弱いからだそうです。

それにしても仔豚達の元気なこと!
おっぱい争奪戦のヒトコマ。
PICT0653.jpg

ともあれ、こうしたご協力が今回の入選につながったわけです。
早速、お礼状を書いて送らねば。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。