熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



真夜中の中性脂肪
といえば、黒ウーロン茶のCMですね。
あの中国語の歌、聴いていて何だかユーモアを感じます。
サイト見たら、結構色んなバージョンはあるし。
フルコーラスで歌は聴けるし。
中国語の歌詞も出てるしカラオケコーナーまであります。
僕も練習しようかな。

こちらにてどうぞ♪
スポンサーサイト

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

神様のプレゼント
ざくざくと描いてます。
大き目のスケッチブックにイメージをバン!と描く。
「ああ、失敗したな。」
で、何気に隅っこに落書きをする。
すると、こんな風に。
20080928000837


そういえば、よく教科書に落書きしたっけ(良い子のみんなはまねしちゃ駄目だよ~~)

樋口一葉にカトちゃんみたいなチョビひげ描いたり。
お坊さんのモヒカンヘアーもよく描いたっけ。
(マッドマックスの影響です)
なぜかこういう隅っこに何気なく描くと、手がすらすら動きます。
間違ってもいいから。
線はできるだけたくさん描きます。
すると、その中から面白い線が出てきたり、線と線を紡いだりして思わぬ形になったり。

人間の手ってすごいなあと思う。
人間の体の中で神様の特別なプレゼントは手だと思います。
足は他の動物でも走ったりジャンプしたりできます。
だけど、手には人間にしかできないことがたくさんあるからです。

僕が最近注目している奥山清行さんというデザイナーさんも、手描きを重視されています。
奥山さんのサイトはこちら
「プロフェッショナル」にも出演されました。
You tubeで奥山さんを検索すると、プロフェッショナルの動画が出てきます。
1~5を順番に見ると、とても面白いですよ。
超おすすめ♪

気合だあ。
自分に足りないもの。
同時に、なぜ今回のコンテストで今ひとつの結果だったのかが。

恥ずかしながら、心の中に甘さがあったから。
「何が何でもこのチャンスをものにするんだ!」
そういう気持ちがあまりにも欠けていた。

今日、ある雑誌を読んで、その事を思い知らされました。
ロードライダーというバイク雑誌です。
ワイン・ガードナーというオーストラリア人のレーサー。
なあに、決して難しい話ではありません。
こういう事です。

まだガードナー氏がレースを始めて1~2年の若手時代。
日本から、有望な若手を発掘に森脇さんという方がやってきました。
日本では、バイクレースの好きな方なら誰でも知っている有名な方です。
当初、森脇さんはAさんというレーサーの噂を聞いてレースを見に来ました。
しかしAさんはレースに出ていませんでした。
(レースは通常、順番にいくつかのレースが行われます。)

ところが、あるレースにとんでもなく速いレーサーが現れました。
「速い!一体誰だ!」
と、森脇さんは早速ガードナー氏の元へ行き、チームへ誘いました。
ガードナー氏はその後森脇さんのチームで大活躍!
ついに日本の最大手のバイクメーカーから誘われて移籍しました。
そして世界チャンピオンに輝きました。

勿論ガードナー氏は大変な努力をしたのは間違いありません。
と同時に、意外な裏話がありました。

実は、ガードナー氏は森脇さんが来る前にすでに別のレースに出て、本来は帰るところでした。
ところが森脇さんが来るという噂を聞いて、とんでもない行動に出ました。
それは・・・
[READ MORE...]
新たに作りました。
ホームページ作りました。
アドレスはこちらです。
当初は、ホームページでも熊五郎の名前を使う予定でした。
でも、姓名判断で見てもらったら、あまり良くないそうでいくつか作ってもらいました。
あと、検索エンジンで「熊五郎」だと使っている人が意外に多いんです。
なので、違う名前にしました。

5ページしか使えないのですが、切り絵はアルバムにしました。
いいものを選んでアップします。

それから、切り絵の楽しさを知っていただきたいと考えまして、不定期に切り絵の話を書いていきます。
掲示板は本当は作りたかったけど断念しました。
どうしても荒らされる可能性が高い。
その代わりに、このblogのコメント欄を、掲示板代わりにドンドン使ってください。

とにかく、出来る限りの事をやってみます。
冨田選手
とりあえず、こんな感じです。
ちょっと遊んでしまいました。
20080921235047

一応こだわった点。
襟足の「ぴょん」とはねあがっている所。
こめかみが前髪までのゆるやかなカーブ。
櫛みたいな前髪。
苦労人っぽさを醸し出している眉毛。
プチたらこ唇。
わきの下の筋肉→体操選手らしい筋肉だと思うので。

運命の神様
果たして、そんな神様いるのかな?
僕は特定の宗教の熱心な信者というわけではありません。
実家の墓のあるお寺に、葬式や法事などでお経をあげてもらう程度。

何だか、妙な気分になったのです。

今日、都内の某所のUターン・Iターン対象のフェアに行って来ました。
移住、定住、就職はては就農支援まで。
僕も地元に近い町をいくつか話を聞いてきました。

以前から、某居酒屋チェーンが農場経営を検討したり、某ソフト会社の元社長が農場を作って農業ビジネスに乗り出すなどの動きが気になっていました。
更に、バイオ燃料や新興国の経済発展などで、日本の有名な商社が穀物などで外国に「買い負ける」ケースも出ていて、将来は食料の輸入は段々厳しくなると僕は見ています。
「ものづくり」はハイテク機器だけじゃなくて、農産物も含めて考えるべき。
そのあたりをどう考えているのか、どういう人材を求めているのかなどを、かなり突っ込んだ質問をしました。

結果は、農業の法人化を含めた将来の農業のビジネスについてのプランなど全然無い という事がわかりました。
出てくる話は、移住体験ツアーだの、そば打ち体験などという観光みたいな話ばかり。
また、農家の多くは兼業という現実に対し、移住者の就職状況を聞いたところ、担当者のみなさんは急に視線をそらして口をモゴモゴさせるばかり。
実際に移住しているのは、インターネットで設計の仕事をしてる人とか年金生活者とか。
「就職の方は、そのお~~、○○市とかあ~~」モゴモゴモゴモゴ。
ああ、なるほど。
就職に関しては、めんどくさいからタッチしたくないというわけだ。
前述の人たちは手間かからないから、あとは地域に溶け込めるようにするとか、趣味に毛が生えた程度の農業体験とかで済むわけです。
要するに過疎化対策+α程度で、地域の産業など将来につながる事など考えていない。
だけど、そんな程度で本当にUターンやIターンそして移住定住がうまくいくものでしょうか?
何より、わざわざ移住してくる人に立場になって考えていると言えるのでしょうか?

勿論、そのあたりも真剣に取り組んでいる地方もあると思います。
そういう地方には敬意を表します。
なぜならそういう人たちは、自分達の土地を真剣に思っているからです。
だから「このままでは将来大変だ」と危機感を持っている。
自分のゆかりのある町が、こんなにのほほんとした事しか考えていないなんて。
本当にがっかりしました。
会場を出るとき、とってもせつなかった。
正直、もし「これに懸けてみよう!」というものがあれば、絵を描くのを何年かストップしてでも勉強する気持ちで訪れたので。

その帰り道。

実は今日は会場までバイクで行きました。
そういう覚悟でフェアに参加した後、バイク仲間の待つ温泉まで行く予定でした。
フェアの結果次第では、仲間に別れを告げるつもりでした。
もう多分二度と会えなくなるから。
そしたら、家に程近い道で、バイクの調子が急に悪くなりました。
どうやらバッテリーらしい。
近くの店で安いバッテリーを見つけて交換したところ、エンジンが一発でかかりました!

ほっとしたのも束の間。

またエンジンが止まってしまいました。
そのままでは危険なので、どこかにバイクを移動しようとしたところ、喫茶店を発見!

疲れていたので、バイクを止めるついでにコーヒー飲んで一服しよう。

店内にはお客さんは誰もいませんでした。
むしろ幸いでした。
ほっとしたかったから。
コーヒーと、なぜかチョコレートケーキを注文しました。
普段は、チーズケーキばかりなのに。
出てきたチョコレートケーキにかかった白いパウダーが妙に気になりました。

「雪景色をこんな風にできないかな~、アクリルに頼らないで何か無いかな~」
などと色々考えてケーキをじい~~~っと見つめていました。
なんで、この期に及んでこんな事考えちゃうんだろう。バカですよね。
さぞかしご主人からは変な客だと思われていたかも。

ようやく我に返ってコーヒーを飲み、ケーキを「パウダーを見つめながら」食べました。
さて、勘定済ませようか。

と、何気に壁に掛かっている何枚かの絵を見ると・・・・


あれ?
これ、切り絵?

「うん、そう」
お店とおつきあいのある切り絵作家さんの作品。
実際に売れたものもあるのですが、ご主人(多分画商の業界に通じた方じゃないかな?)いわく
「こういう所は直したほうがいいよと言っても、聞かないんだよね~」
色々聞いていくうちに、気づいたこと。
コンテストで評価される絵と実際に売れる絵との違いについて。

その場でお願いをしました。
もちろんすぐとはいわないけど、ご主人の話の中から「これを描こう!」と思った題材の切り絵を作成し、それを都合のいいときに見ていただきたいと。

スクールの先生とは違った角度の客観的な意見を聞いてみたくなったのです。

冒頭の運命の神様。
そろそろ人生に折り合いをつけるべきなのかな・と考えているのに。
僕は決して若くはないのに、どういうお考えなのでしょうか?
素直に喜ぶべきなのか、「これで駄目ならあきらめな!」なのか。
赤坂にて
赤坂の日枝神社へ行ってきました。
心中期するところがあって・・・というのは格好つけすぎでしょうか。
確か、元2代目タイガーマスクこと現在プロレス会社の三沢社長が結婚式を挙げたと記憶しています。
20080919173308

おみくじも一応。内容は、う~ん、微妙な気分になりました。
20080919173306

神社を出て、駅を目指して歩いていたら、なにやら警官がやたら立っています。
まさか職務質問しないよなあ~と思ったら、なんと・・・・
首相官邸の警備をしていたのでした。
20080919173303

首相官邸から、信号ひとつ渡ると、そこは
国会議事堂でした。近っ!
20080919173301


今回のコンテストの件が全てではないけれど、ちょっと色々考えるところが。
絵を描くこと自体はずっと続けてはいくでしょう。
病気の発作のようなものなので(苦笑)
ただ、どうしようかなあって。
そろそろ考えなきゃいけない時に来ているのを感じてきているので。
驚いた。
郵便配達ではなくて、宅急便が来ました。
え?
例のコンテスト、準入選でした。
準入選は初めてなんですが、なんだか中途半端な気分です。

それにしても、準入選でこんなに知らせが遅くなるとは。
まあ、ここ最近はU-○○部門が新設されたり、色々あるのかもしれないけれど。

今回はホームランか三振でいい!という気持ちだったから、こういう結果も覚悟はしていたけれど。
「気の抜けたビール」みたいな気分。

昨年の某リストに最終選考で落ちたリベンジできるかなって心中密かに燃えるものがありましたが、それは線香花火と化してしまいました(ぽたっ)

近頃は
郵便配達のバイクの音に敏感になってます。
郵便受けの中を覗くのが、非常に慎重になっております。

もし、例のお知らせの封筒が入っていたとして。
その封筒を宅配ピザなどのチラシに偶然はさまれていて、気づかずに捨ててしまったりしたら!
えらいこっちゃ。

なので、やさしく開けて、そお~~~~っと郵便物をチェックしております。
ただ、とある知り合いからの話だと、■△さんにやはりまだ通知来てない方がいるとか。
でも、■△さんは、僕よりずっと上手いからなあ~~~
(ひょっとして大賞とか?)

それにしても、ごらんの皆さん。
例のコンテストは、オリンピックで言えば金メダル、野球で言えばホームラン狙いでいく方がいいと思いますよ。
落選は覚悟の上で、思い切って攻めること。
「攻める」というのは僕の場合、他人がやってないことを敢えてやるという意味です。

実は、5年くらい前は、落選ばかりでした。
その後、直営教室に参加してから何とか入選できるようにはなりました。
落選された方には大変失礼な事かもしれませんが、こう思ったのです。
初めて入選した時  → これは嬉しかったです。
翌年も入選      → 嬉しい&これでいいのかという気持ちが半々。
一年置いて上位入選→ このままではいけないな。このままでは落ちる一方。

2度目の入選から、気持ちばかりがあせるだけ。
でも、どうしたら良いのかわからず、ただ忙しいままに時間が過ぎて。

そんな時に、「ぶらり途中下車の旅」を見ていて、ある切り絵作家さんを見ました。
偶然にも、とある美術館でその方の切り絵を見る事が出来ました。
それまでは、切り絵を作ること自体、手先の不器用な自分には到底無理だと思い込んでいました。
なのに、この時だけは、何かに突き動かされるものがありました。
溺れる者は藁をもすがる。
そんな心境だったから、普段なら見過ごすものに目がとまったのでしょう。

物事って、うまくいかない時ほど、あれこれ考えすぎてしまいがち。
でも本当に悩んでるときって格好つけてる場合じゃあないです。
傍から見れば無様であっても。

入選の壁にぶちあたってる方へ。
審査される先生方が、真夏の暑い時期にあれだけたくさんの絵を、汗をふきながら審査されているという事をまずイメージしてみてください。
先生といえど生身の人間です。
疲れると思いますよ。
そういう状況で、目にとまってこそ、ひとまず入選になるのです。
見る人の側に立ってみると、いろんな事が想像できるのでは?

だから、僕は毎回入賞~入選作を全て目を通しています。
万が一、キャラが被る絵がないかどうか確認しているのです。
築地でお寿司♪
それでは、お食事時間を外してアップしま~す。
まず、中トロ入りのセット。

もう、ひとつひとつ味わって食べました。
20080914100128

そして、つぶ貝!
やわらかくて、それでいて歯ごたえ最高!
これが本当のつぶ貝だよなあ~~~
20080914100126

続いて、あわび!
もう、 「幸せ!」としか言いようの無い、この美味さ!
20080914100123

お寿司と言えば、やっぱりマグロ!
これはヅケマグロです。
20080914100121

いいマグロは、とても歯ざわりがやわらかいです。
味がじんわり滲みていて、これはおすすめです!

さあ、締めは・・・・・ うににしました♪
口の中でとろけるんですよ~~~
ああ~~~美味しい♪

20080914100119


今回も築地場外のお店にしました。
場内はとにかく混んでました。
お客さんの中に、中国などアジアの方がかなり増えているようでした。
実は、僕も中国か台湾っぽい家族連れから
「築地はどう行けば良いですか?」
と聞かれました。
「お寿司たべるんですか?」
「はい」
なんてやりとりして教えたところ、とても楽しみという顔してました。
日本へ来たら、やっぱりお寿司食べたいんでしょうね~

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

有朋自遠方来
「友が遠方からやってきた」・・・この続きはもちろん「また喜ばしからずや」
論語に出てきますね。

さて、僕にとって「悪代官と悪徳商人」的な間柄の友人が上京しました。
「築地へ寿司を食べに行こう!」となり、もちろん行ってきました。
その美味しい画像は、また後ほど。

話の中で、まだお台場へ行った事が無いというので、ゆりかもめで行ってきました。
駅を降りると、見えてきました、フジテレビ!
20080913210939

丸いのは、展望台です。
なんと500円するんです。
なので、展望台は行かずに無料で見学できる所があるそうなので、初めてフジテレビ内部に潜入!

いろいろ見て回ると、このような青いブザーが。
押してみると・・・・

「へえ~」と鳴りました。
20080913210937

そうです!
このブザーの正体はこれ!


「トレビアの泉」
上のカウンターは「へえ~」を押した回数です。
20080913210935

その後、サザエさんコーナーでソフトクリームを食べました。
普通のソフトだけど、なぜかそれぞれに名前がついてました。
このソフトは本来はラムネソフトだけど、名前は「海平さん」
海平さんは、波平さんの双子のお兄さんです(原作にも出てます)
20080913210933


そういえば、レインボーブリッジの事で大ボケこいてしまいました。
ゆりかもめに乗っている時に
「そういえば、レインボーブリッジってどのへんだっけ?」
「あ、どこにあるんだろうね~」
とあちこちを見回しても、それらしきものが全然見当たりません。
そこで、元来方向音痴の僕はいつも常備しているポケット地図を見たところ・・・

はははは。

そりゃ、見つからないはずだ。

その時まさにレインボーブリッジの中をゆりかもめは走っていたのです。

最高級の大ボケ。
おのぼりさん丸出しですな、こりゃ絵文字名を入力してください

では、あらためてちゃんとしたレインボーブリッジ。
20080913210930

ひとまず出来た。
「ちょっとだけ」の部分は奥のごく一部でした。
20080912170717


場所は千葉マリンスタジアム。
この試合は、当時引退間近の新庄選手が出場するロッテVS日本ハム戦でした。
ちなみに、奥でバットを構えているのは、ベニー・アクバヤーニ選手。

バレンタイン監督が出てきたら写真に撮って描きたかったけど、ちょっと無理でした。

野球場ってすり鉢場なので、実際はもっと上から選手を見下ろすような角度になります。
もっと大きな紙じゃないと、そのあたりは表現しきれないなと感じました。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

イタリアの小悪魔
某所で、イタリアのマセラティという車の展示&試乗会がとある高級ホテルにて催されていたので、行ってきました。
急に激しい雨が降ってきたので試乗は遠慮しました。
(なにせ1500万円くらいする車ですから)
でも、見ていて実に洒落た車でした。
内装が実にお洒落!
シートは本革やアルカンタラなどを組み合わせたものです。
しかも、内装の色が10種類ほどあって、勿論好きな色を選べます。
ちなみにシートを縫い合わせている糸いわゆるステッチの色も選べるとか。

ショッピングなどでいろんなものから「選ぶ」のが好きな女性には、受けますよね~

実際、お客さんで内装の色をどうするかで散々迷って決める人もいたとか。
普通は価格などで迷ったりしますが、マセラティの場合は迷うポイントが違うんです(笑)
シートに座ってみましたが、いやあ~~~~、これ欲しいわ(笑)

こういう高級ホテルになると、車のそばの席にこしかけただけで、ホテルのボーイさんが声掛けてきてくれます。
「お客様、お飲み物はいかがですか?よろしければケーキかクッキーもおつけしますが。」
というわけで、コーヒー&ケーキ。
もちろん美味しい♪(しかもサービス)


20080911155901


ちなみに、イタリアの小悪魔というのは、マセラティは昔は、もう実に・・・・
作家の北方謙三さんも乗ってらっしゃったそうですが、昔のマセラティはパワーウィンドウで全開にすると窓が閉まらなくなったり、まあその類いの小悪魔伝説に事欠かない車です。

おいそれと買える車じゃないけど、絵をかく人間として、こういう「ぶっとんだ」モノに触れるというのも「遊び心」を養えると思います・・・・・なんてね(笑)

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

ちょっとだけよ
20080910162700


これ、今作っている切り絵の一部です。
お菓子と一期一会
さきほど「プロフェッショナル」を見ました。
京都の和菓子の職人さん。

あるお客様から言われた言葉。

「あんた、一期一会っていいますやろ。」
父親が亡くなって店を継いでから、常連客からは
「お父さんのころから(味が)変わったなあ」
と、事あるごとに言われ続けて、それが約10年くらい続いたそうです。
これはかなり辛い。
でも、そのお客さん達は、よそのお店に行かずにお菓子を買ってくれたそうです。
おそらく、厳しいことを言いつつも「長い目で見て育ててくれた」のかもしれません。
今は、ちょっと何かあるとネットの掲示板で書かれたりblogが炎上しますけど、人材を育成するのって本来時間と辛抱が要ることです。
今のネット社会で忘れられていることといえるでしょう。

番組の後半で、ある茶会に出すお菓子の注文が「え~、何それ?」って思いました。
「源氏物語の夕顔のイメージでお菓子を作ってほしい。」

茶会に出るようなお客さんなら、古典にかなり詳しい人が来るでしょう。
さあ、皆さんならどんなお菓子を考えますか?
(作れる作れないはこの際置いといて)
職人さんは、さすがでした。
「なるほど!」って唸ってしまいました。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

最終日&ティータイム
今日は、切り絵教室の最終日でした。
本来は、自分で描いた下絵から切り絵を作るはずでしたが、時間内に間に合いませんでした。
ちゃんと仕上げなきゃ。
その後、無性にKIHACHIのカフェへ行きたくなって、溜池山王へ寄り道。
全日空ホテルの裏の通りをず~っと行くと、カフェが・・・・あれえ?
とあるマンションの前にやたら車が止まっていて、人だかりが。
何やらピリピリした雰囲気。
うかつに近づくと殴られそうにすら感じたけど、でもここを通らないとKIHACHIに行けないので、すとぼけて目を合わせないようにして通過。

おお、やっと到着!

・・・・と思ったら、何だか店の屋根などの色が変わっている。
ありゃ、店名まで変わってるときた!

「いらっしゃいませ~」鈴なりの声&癒し系スマイル♪

あの、このお店いつ頃からやってるんですか?

「2日前にオープンしたばかりなんです~」

ああ、なるほど。

ひとまず、プチTOFUバナナケーキ&アイスコーヒーをオーダー。

席で待ってると、お姉さんが運んで来てくれたので、聞いてみました。

「あの、あそこのマンションの前に車が何台も止まっていて、随分ピリピリした雰囲気だけど、何か不穏な人物とか芸能人のスキャンダルとかで張ってるんですか?」
「ああ、あれはですね、ポスト福田さんの政治家がいる(かも?)とか何とかで、張ってるそうです。
私もミーハーなので聞いたら、辛うじて「政治家です」ってしぶしぶ言ってくれましたけど。」

ああ、そうか。

納得したところで、ティータイム♪
20080906224228


しっかし、どうしたんだろう?
いえね、某コンテストに出品した結果が、未だに通知が来ないんですよ。

1、落選した場合→これは、すぐに絵が戻ってきます。
2、入選した場合→もう、既に通知が届いているらしい。

何で未だに来ない。
ひょっとして入賞?
それは素直に嬉しいけれど、でも万が一、手違いで絵が学校に届いていなかった?なんて。
ちょっと心配では、あります。

ああ、心臓に悪い・・・・
なぜだろう?
女子ソフトボール選手の皆さん。
テレビ出る時に、なぜ彼女達だけは金メタル&ユニフォーム姿なんでしょう?