熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



ヒントはあちこちに。
最近、あちこちでよく見かけるのがこれ。
ボジョレーヌーボー。
僕はあまり興味がないというか、どちらかというとシャンパン党なので(ロゼがいいな♪)飲んだことないのですが、このボトルのラベルが気に入りました。
でも買わなかったけど。

何だか切り絵に使えそうな雰囲気でしょう?
そのうち蝶に使ってみたいと思ってます。
20071129232722


こうして見ると、街をちょっと歩けば、何かしらヒントは転がってるものですね。
スポンサーサイト
昨日のこと
上野にある東京都美術館へ、切り絵展を見に行ってきました。
切り絵協会の会員さん達の力作が多数展示されているそうなので。

20071126205857


どこの世界でもそうですが、今回興味があったのは、切り絵がどれだけ進化しているのか、ということ。
風景画に興味深いものが何点かありました。
中にはジャズクラブの切り絵もあって、切り絵とジャズって結構合うなあ~~

僕もやるからには他でやってないことをやってみたい。
じゃないと、所詮人まねというか、「~~~風」から脱却できないですから。

帰りにある駅で見かけたポスター。
これ、メキシコの「アエロメキシコ航空」の旅客機の写真です。
かっこいいので一枚撮っちゃいました(切り絵っぽいデザインだし)

20071126205856


僕は、展覧会への参加には特に興味ないんです。
それより、このアエロメキシコのように、旅客機の広告とかシンボルマークに自分の切り絵が使われたら最高に嬉しいな♪
たまに、巨大な広告というかイラストが施された旅客機が飛んでるでしょう?
あれは、イラストを特殊なフィルムに印刷して、それを旅客機に貼るそうです(JALのCAさんから聞きました)
展覧会は一度に一箇所しかできません。
けれども、旅客機なら世界中を飛んでくれるでしょう?
自分の切り絵が時にはニューヨーク、時にはエジプト、時にはブラジル、時にはアラスカなどと世界中を飛びまわるなんて最高に嬉しいです。

今、そのための切り絵のスケッチにとりくむべく題材を思案中です。
ある程度作りだめたら・・・・・

JALとANAに飛び込み営業やってみようかな?

特にJALのロゴは変えたくってうずうずしてます(笑)
丁度経営再建中だから、気分一新にいかがっすかあ~~~なんてね
ああ、無謀(苦笑)
作業風景
20071123230142

近々アップ予定の切り絵です。こんな風に切っています。
在電車的英語会話
無性に中国語を書きたくなったので、中国語&英語&日本語を混ぜて書きます。

東京へ来て電車に乗ると、時々外国人と乗りあわせることがあります。
中国語が聞こえてくると、つい聞き耳立ててしまいます。
大抵は早口すぎて聞き取れませんが。

先日総武線に乗りました。
おばさん3人組がアメフトのタックルのような勢いでドカッ!と席に座りました。
僕は吹っ飛ばされたくなかったので、そばに立ってました。
すると突然その一人が僕に
「あなた、英語できる?」
と行くや否や、3人ともこれまたすごい勢いで席を立ってそこかへすっ飛んでいきました。
原因は、隣に座っていた外国人の方々でした。
僕はそのうちの一人の隣に座って聞いてみました。
彼女は「天使にラブソングを」という映画の黒人のシスター役のウービー・ゴールドバーグそっくりでした(笑)・・・以下(ウ)

ウ「這個電車去秋葉原ロ馬?」
女也向我現出了電車的線路地図。

At that time、The train was iidabashi station.
I explained while pointing at the map.
僕「hera is Iidabashi.Next station is Suidoubashi,next Ochanomizu next Akihabara.」
ウ「Oh,This train no problem?」
僕「Yes,no problem.」

好像聴那個他イ門放心了。
並且到達了秋葉原。
他イ門用笑容「ありがとう」用日語説之後下了。
是非常示豊儀正確。

去外国旅行的日本人hen多。
興在日本的外国人全然不打算取交流為何ロ尼?
其他的日本人、完全偶人那様。
順便、我没去過外国。

今回のように地図を見ながら会話すれば、発音がへたでも何とかなるものです。
要は、相手に伝えようとするお互いの気持ち次第ではないでしょうか。
僕は電車で中国語や英語でたまにやりとりする時には日本語をまぜたりしますけど結構通じるものです。
時には、日本人と会話するより楽しいくらいです。
かえって、日本語の方が気を遣うことすらあります。

意外に面白いぞ~
バイク仲間Aさん(といってもずっと目上の方ですが)からこのようなお誘いを頂きました。
「最近スロットカーをやってみたくて、昨日買ってきたんだけど、Bさんの所に集まって皆でやらない?」
当初はデザインフェスタも考えてはいました・・・・が。
今日はAさん達と遊ぼう!
Aさんは昔陶芸をなさってた事もあり、美術面にはとても詳しいです。
僕が中国語の勉強のきっかけも、Aさんが中国へ出張した話を聞いたのが一因です。
それでいて、とても遊び心にあふれた方なので、いい意味で刺激になるのです。

Bさんの所は、実はアート作品のショールーム兼工房です。
でも、Bさんもやる気満々(笑)
早速みんなでコースを作りました。こんな感じです。
立体交差

まずは、バイクのスロットカー。
motogpslot1

でも、すぐにすっ飛んじゃいました(汗)  あ~あ。

motogpslot2

次に、Aさんが買ってきたスロットカーです。
なかなかしっかりした造り。かっこいい!
slotcar

実際にやってみると、結構スピード出るし、手に汗握るデッドヒート!
と、そこへアート工房が営業しているのと勘違いして入ってきた御家族連れ。
明らかにみんなびっくりしてました(笑)
ところが、お父さんと子供たち(男の子2人)がものすご~~~い熱視線。
Aさん達が「やってみますか?」
そしたら子供たちが目を輝かせてはまるはまる(笑)
お母さんが「もう、そのくらいにして~」
と言うと、実に名残惜しそうにしてました。
お父さんにスロットカーのお店のパンフを渡したところ、お父さんしっかりとパンフ握り締めてました。
帰ってからみんなで
「あの親子連れ、絶対にお店行くぞ~」
「お父さんもやりたそうでしたよね。」
「パンフしっかりと握り締めてましたよ。」

その後散々レースやって、精も根も尽き果てたところで・・・・
「腹減った・・・」
「食べに行こうか。」
と、近くの海の幸の美味しいお店へ行きました。
あおりいか、まぐろ、たい、いなだのお造り。
aoriika

締めは、ぶりの煮つけ。
PICT0230.jpg

ぶりはもちろん、大根もだしがよくしみていて美味しい♪

さて、いい気分転換になったので、切り絵がんばろうっと
大草原の小さな家
リンクさせて頂いている「Bon Appetit!な気分で。」で大草原の小さな家の「オルソン商店の卵バトル」のお話が紹介されていました。

懐かしくて書き込みしているうちに、どうしてもこちらでも書きたくなりました。
大草原

NHKで何度も再放送されてました。
アメリカ西部開拓時代のインガルス一家の物語です。
ここでは、お父さんことチャールズさんについて書きます。
元々農業を営んでいて、畑を耕して種を播いて、さあ、これから!という時に・・・・

「バオーン!」(雷の音)
ものすごい嵐がやってきて・・・・・

「チャールズ、畑はどうだった?」(母さんことキャロライン)
「畑は全滅だ・・・・・・・・・・・・・」(チャールズ)
キャロラインさんは駆け寄って
「チャールズ。主が試練をお与えになったのよ。」
かくして、チャールズさんは出稼ぎに行くのであります。

うん、チャールズさんは偉い!
僕だったら・・・・・
「え~~?余計なお世話だ~い。試練なんていらないってばあああ。せめて畑半分くらい残してくれ~い」
思わずキャロラインさんに
「だだをこねるでない!」
って説教されたかも。
棒屋根旅行鞄
今、一番欲しいものがこの鞄です。
棒屋根旅行鞄

ファスナーはありません。
取っ手のところが、がま口状にパカッと開くんです。
両端に小さな金属の金具が見えるでしょうか?
その金具をパチンと開閉します。
革製で重さは約2キロちょっと。

この鞄でSL機関車に乗って旅行してみたい。
馬車にも似合いますね。
時代的には、日本人なら夏目漱石とか森鴎外。
外人ならチャーチルが持っていそう。

撃沈~
今日は行政書士の試験を受けて来ました。
会場は・・・・慶應義塾大学!
実はいくつかの試験会場の中で好きな所を選べて、そのひとつがここでした。
もう、迷わず決めました♪
一度は慶應義塾大学に行ってみたかったので(笑)
こんなミーハーな理由で試験会場決めちゃっていいのだろうか
で、ここが慶應のキャンパス。
気分はちょっとだけ慶應ボーイ
大学へ来る自体超久々。
20071111184530

これが問題集。
ここ数年、受験者がかなり増えているので出題傾向が変わってきているとか。
いやはや、問題文がややこしい言葉で読むだけで疲れました・・・・・

20071111184528

行政書士は受験資格が特にないので、ここだけで受験者が非常にたくさん来てました。
女性も大勢いましたよ~
やっぱりまだまだ不景気なだけに、皆危機感持ってるんだな~と実感しました。
てきと~な似顔絵。
すっかり有名になったこのお方。
接待漬けであごだか首だか分からないのをちょっと皮肉って描いてみました。
さて、誰でしょうか?
PICT0196.jpg


それにしても、とうもろこしの先っぽみたいな変な髪形ですよね(笑)

テーマ:似顔絵 - ジャンル:学問・文化・芸術

高嶋兄貴と世直ししませんか?
リンクの一番下の「高嶋ちさ子毒舌日記」(この題名は僕が勝手につけました)

以前の高嶋兄貴の毒舌てんこもりblogも実に面白かったのですが、新たにアメブロで再開となりました。

最近の書き込みによれば、「高嶋ちさこと世直ししたい人この指とまれ会」の結成を目指しておられるそうです。
入会資格は・・・・

1、携帯で話しながら自転車に乗ってる人10人に注意する。
2、新幹線の中で大声出してる人に注意する。

以上20人にきちんと教育的指導をすること。
・・・・・だそうですが、いささかハードル高いなあ~~~~

僕の場合・・・・・
レミー・ボンヤスキー(跳び膝蹴りを必殺技とするK1ファイター)のような人が50人くらいSPでついてくれたら、やってみるとしよう。
切り絵のリンクです。
リンクの欄に、新たにひとつ追加しました。
「わたしは紙を抱きしめていたい」

一瞬、公園で新聞紙を敷いて寝ているおじさんを思い浮かべましたが(冗談)
初めての切り絵blogのリンクです。
管理人の岡本先生は、はさみで作る切り絵です。
僕は今まで全てカッターナイフのみで、はさみは一切経験ないのですが、全く違った味わいなので面白いです。
岡本先生のキャラもなかなかユニークだし(笑)

実際に切り絵パフォーマンスも近々されるそうです。
皆様お誘い合わせの上、是非見に行きましょう♪
この選手に注目を!
女子バレーの日韓戦。
なかなか白熱した試合です。
テレビは相変わらず栗原選手ばかり映してます・・・しょうがないなあ、フジテレビは(苦笑)

「NUMBER」読んで以来、もう一人注目したい選手がいます。
今日の試合でも、目立たないけど活躍しています。
リベロの佐野優子選手
相手のスパイクやブロックに、「あっ」と思ったら、佐野選手がちゃんと取ってくれている。
よくもまあ、こんなにあちこち飛んでくる猛スピードのボールに対応できるもんだ。
あなたは超能力者ですか?ってつっこみたくなるくらい。

彼女を見てると、かつての巨人の川相選手を思い出します。
目立たないけど、チームに絶対に欠かせない存在。
こういう人がいるチームは強いです。
ちなみに、彼女が加入した久光製薬はVリーグで優勝しました。

背番号17。
是非御注目を

テーマ:今日見るテレビ、聞くラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

取り戻した居場所
20071102223004
この雑誌で、セッターの竹下佳江選手の記事が非常に興味深く読みました。
シドニー五輪出場を逃した頃。
一時は「あなたは、もういらない。」的な扱いされたようで、バレーを辞めてしまいました。

そこへ某チームの監督がわざわざ三顧の礼のごとくやってきて
「あなたが必要だ。」
勿論あっさり復帰したわけではなかったようですが。

自分の存在価値。
人から必要とされること。
自分がやってきたことを人から認められること。

人として最上の喜びのひとつは、まさにそれですね。
トスの上げ方に対する竹下選手のこだわりのネタは、読んでいて実に面白かった。
ちょっとした感覚で、随分変わってしまうんだなあって。

絵もそうです。
ちょっとした線のずれで、デッサン自体が自分で見ていて違和感を感じることが結構あるんです。
だから、僕の絵作りは、切り絵でも何でも、デッサンから下絵作りが一番手間をかけています。

悔しい~~~
あるイベントに参加の申し込みをしてました。
フランクミュラーのトークショー。
世の中にはロレックスをはじめ、高級腕時計がたくさんあります。
その中で、僕はフランクミュラーが大好きで、ミュラーさんがもし来日されたらお会いしてみたいと思っていました。
抽選の結果、見事にふるい落とされました。

ああ。
ものすっごく悔しい!
フランクミュラーに拘ってるのは、自分なりに考えあっての事なんです。
そのためには、チャンス自体は少ないかもしれないけれど。

絶対に諦めないぞ。
まだつけいる隙はある。
「隙あり!」って突破してみせるぞ!

抽象的な表現ですみません。
公に出来ない部分があるものですから。
でも、僕はあきらめずに色々動きます。
下調べから、種をまいたり根回しをしたり。
そうでなけりゃ、人生に花は咲きませんもの。