熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



バスク豚(世界ウルルン滞在記)
今日は、女優の壇れいさんがフランス・バスク地方のバスク豚の農家にて豚ちゃんのお世話~
子豚がおっかなびっくりで初めて水を飲んでる様子の可笑しいこと!
顔とお尻が真っ黒で、体が白いというのも面白い。
絵心をそそられます。

でも・・・それ以上に・・・・・

美味そう
壇れいさんやスタジオでみんなが食べてるのを見ていて、半分腹立ってきた(笑)
一口でいいから食べさせてくれ~~~~い。

ちなみに、御主人が着ていた緑の縞のシャツは、バスクシャツといって、画家のピカソも愛用していたシャツです。
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

NOVA新宿にて
昨日、KIHACHIに寄ってからちょっとだけ新宿に寄り道しました。
たまたまNOVAの前を通りかかりました。
案の定休校の貼り紙があり、読んでいたところ、男の人に話しかけられました。
何でも某テレビ局(ヒント:お台場にある局)の方だそうです。
NOVAについて話を聞きたいというのですが、テレビ局=高給取りというイメージがあるので、その割りに随分ださい格好してたので、
「本当にテレビ局の方ですか?」
と怪訝な顔で聞きました。

身分証というか、それらしきものを見せてくれたので、話をしました。
そしたら、「カメラの前でもう一度お話してもらえませんか?」
これは断りました。
会社の上の人たちに色々言う人もいるので。
「でも、悪いことしてるわけじゃないんだからいいじゃないですか?」
「いや、それは違うよ。僕は芸能人じゃなくて一般人なんだから、むしろ芸能人よりプライバシーに配慮して欲しい。」

彼には言わなかったけど、もうひとつ理由があります。
ずばり言うと、テレビ局は視聴率稼ぎに亀田兄弟のようにNOVA叩きすると思うのです。
確かに会社自体に問題はあったけど、レッスン自体は楽しかったんです。
先生もスタッフさんの応対にも不満なかったし。
折角再建にあたって支援に名乗りを上げている企業が何社か出てきてくれています。
先生やスタッフさんにとって、一日も早く再建が進み給料が支払われ、教室再開できるのが一番良いわけです。
だから、この時期にマスコミがあまりにNOVA叩きしたら、折角の再建の話に水を差す可能性もないとはいえない。
マスコミ特にテレビ局の人たちには、自分たちの報道次第で数千人の生活に非常に大きな影響を及ぼすということを自覚して欲しい。
僕に話しかけた人に、そういう配慮をしてくれるようには、どうも見えなかったんです。
僕が話したことを都合よく編集して、いかにも僕がNOVAの悪口ばかり言ってるように放送されるかもしれません。
今のマスコミの報道って、何%まで真実なのかな~?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

食欲の秋、芸術の秋
ちょっと気になることがあって、漆器展に行って来ました。
こうして見ると、漆器って全国各地にあるんだな~~と実感しました。
有名なところだけで輪島、木曽はもちろん津軽、会津、山中、香川、越前、新潟、紀州その他・・・忘れちゃった(苦笑)
こうして見ると、どれも素敵です・・・・が、器が多いので各地域ならではの特徴を出すのがなかなか難しいかな?
それぞれ細かいテキスチャ等は実に素晴らしいだけに、いかにその良さを生かすか?
さて、食欲というとか・・・素敵な喫茶店を見つけました。
明るくて癒しの空間といったところでしょうか。
その後は、つい、ふらふら~~~っと・・・・久々のKIHACHIのケーキです♪
kihachi1

左がフロマージュブラン。右がいろんなチーズのスフレ(クリームチーズ、カマンベール、ゴルゴンゾーラ)
野村さんはすごい!
最近の僕のキーワードは、「持ち味を引き出す」です。
切り絵をはじめとして動物や人の絵を描くときも、モデルの魅力をいかに引き出すかに関心があります。
今朝の朝日新聞の付属欄に、楽天の山崎武司選手に関するコラムが載ってました。
読んでいて、野村監督の凄さがあらためて分かりました。
yamazaki

昔、星野監督時代の中日では
「三振は駄目、チームプレーに徹する」というチームカラーでした。
でも、ホームランバッターに三振はつきもの。
今のチームでは、野村さんからこう言われているとか。
「相手の配球を読み、根拠を持って打席に臨め」
この根拠を持てという話について、ちょっとしたエピソードが載ってました。
(ソフトバンクの和田投手からホームラン打った時の話です)

そうそう、野村監督はこうも言ってたとか。
「その代わり、読みが外れて三振したらしゃあない」
これは意外でした。
野村監督は山崎選手をしっかり観察して言ってるのだと思います。
それは技術面のみならず、山崎選手の性格まで見抜いているのでしょう。
このコラム、続きがあるようなので、来週楽しみです。

NOVA倒産
ついにこうなりましたか。
このところ、株価はじめ色々チェックしてました。
僕のレッスンポイントは残りわずかだったので、ちょっと様子を見てました。

つい先日、新株発行予約権とやらで資金調達に動いていたようです。
でも、調達できたのは目標64億に対して約1%の7000万。
有利子負債は資本金のほぼ倍に膨れ上がり、もともとそれほど資産のある会社でもないので、資金調達力については不利だな~とは思ってました。

かつて日産が二兆円の負債を抱えていたときには、一部の工場を閉鎖するなどしてからノンコア資産売却などで資金をひねりだし、ヒット車を開発したり借金返済など対応しました。

僕はホリエモンの著書を持ってますが、いずれも必ず書いてあったのは資金繰りの重要性。
NOVAのようなサービス業は、顧客からの信頼を死守しないとあっという間に厳しくなるのです。
勉強自体はとても楽しかっただけに、本当に残念です。

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

○△□の庭
これ、実際にある庭です。
本日10時から放送の「プロフェッショナル」にて。
ある庭の中に丸い箇所、四角い箇所は簡単に見つかります・・・・が、三角の箇所がなかなか分かりにくい。

庭師さん曰く、
「100人が見たら100通りの見方があるので、楽しんでいってもらうということです。
おおいに自分の感性を発揮してもらえればいいんじゃないでしょうか。」

他にも今回は色々面白かったですよ。
究極の会議術とか、面白い企画書の書きかたとか。
ワインをおいしく飲む方法は、早速試してみました。
(結構おいしく飲めました)

この番組を見ていて毎回思うのは、これほどの人たちでもかつて苦い経験を持ち、その都度壁を乗り越えてきたということ。
結構勇気付けられたり刺激になったりします。
イラスト描くような方には是非見ていただきたいな~
表彰式
今日は表彰式でした。
家から会場近くの駐車場までバイクで行きましたが、途中でねずみ捕りの多いこと(汗)
白バイ、パトカーはもちろん、新宿では何とトンネルの中までねずみ捕り!
絶好のねずみ捕り日和だったのでしょうか。
トンネル出口で結構捕まってました・・・・・いや~~~、危なかった。
捕まって表彰式出られなかったらシャレにならないです。

ま、それはともかく表彰式は、いつもながら緊張します。
賞状もらうのに階段上がる時につまづかないように気を遣いました。
壇上には審査員の先生方。

最後のほうには腹が減ってきて「ぐうううう」と鳴ってくるし。
「うわあ、隣の人に聞かれたら恥ずかしいな」
と思いながら平然を装っていました(やせ我慢ともいう)

例年は、表彰式の後に、入選~入賞作品のみを一同に展示したギャラリーでパーティーがあります。
これらの招待状を頂いて「ああ、入選したんだな~」と実感してます。
でも今回はパーティーが・・・無かったんですよ、あ~あ。
そのせいか、どうも昨日と今日の参加者が少なめだったような・・・・・
遠方にお住まいの方にすれば、一日で表彰式&パーティーの方がいいですからね。

でも、収穫もありました。
ある先生に自分の絵を講評して頂きました。
改善点を教えていただきつつ、自分の狙い通りだったコメントも頂きました。
内心「やった!」です(笑)
それを生かしつつ、今回の改善点もふまえていって、次回は入賞以上を狙います
(気分は巨人の星の花形満)
銀座でスウィーツ♪
今日は銀座へ行ってきました。
某コンテストに入選したので、今日は銀座の画廊で入選以上の講評会、明日が表彰式です。
例年は一日で表彰式&パーティーとなっていて、パーティーの席で先生に講評してもらっていました。
それに比べると、今回は参加者がちょっと少なめ。
全国からみなさんいらっしゃるので、明日の表彰式に集中するのかな?
その分、僕はじっくり講評していただけましたが。

画廊の画像は自粛したので、その代わりに帰りがけに食べてきたスウィーツを。
今回はお嬢様のエスコートも仰せつかったので(笑)、銀座で有名なカフェクラブ銀座みゆき館へ行って来ました。

画像はこれです。
   ↓
miyuki1

手前がミルクレープ。奥が名前忘れたけど、シュークリームの皮に、中味が生クリームでした。
シューのパリっとした皮にほんのり甘い生クリームがう~~~~ん、まいううううう
そして、久々のミルクレープ!
ああああ、美味しい♪
とりあえず、ドアップで。
miyuki2


笑いのとまらない美味しさです、ははははははは。
インドと中国
普段は、経済誌やスポーツ雑誌に目を通すことが多いです。
ちなみに、ばんえい競馬は、NUMBERというスポーツ雑誌で偶然知りました。

今週は、この記事にひかれて買いました。
20071016234444

一般に、日本人は指を一本ずつ折って数えます。
インドではこの画像のように親指を使って指の関節を親指で押さえながら数えます。
だから片手で20まで数えられます。

ちなみに、この雑誌です。
toyokeizai


インドの数学って、「枠組みを超えた発想」を重視しているように思えます。
これは、イラストに限らずアイディアをひねり出すのにいい刺激になるでしょう。
ちなみに、数字の0(ゼロ)を考案したのはインドです。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

気分はバイヤー?
切り絵を作っていて最近ちょっと「マンネリ化してないかな?」と思うことがあります。
先日、イラスト仲間の方からアドバイスを頂きました。
形というか、立体感を意識した切り絵作りが大切で、そうしないと単に輪郭なぞってるだけっぽくなってしまう。
これは、「そうだなあ~~~~」とうなってしまいました。
エゾシマリスの切り絵は、その点を意識してから作りました。

で、それ以外にも何かもうひとつあってもいいかな~?と。
「一目では分からないけど、何となく以前と違って見える」
そんな感じにしたいんです。
それをできるものがふとひらめいて、今日はバイヤーしてました(笑)

良い仲間とは、単に「いいねいいね~」ではなくて、率直に意見を交換できる人。
また、お目当てのモノをさがすにあたって、いろいろ教えてくれた友達にも感謝です。

もともと酒は弱いのですが、それでも最近ちょっとはまっているのが
「金麦」です
口当たりがよくて飲みやすい。
決してCMの影響ではありません(汗)
kinmugi

いくつになっても・・・
最近、室内で遊べる低価格で小型のラジコンが売れてるそうです。
お父さんが子供とのコミュニケーションにいいのかも。
僕が子供の頃は、父親がよくキャッチボールをしてくれましたが、今はそういう場所がなかなか無いですから。
手のひらサイズのこういうラジコンもあって、人気に生産が追いつかない売れ行きだそうです。
それにしても、男の人って、どうしてラジコンが好きなのでしょうか?
理由がいろいろあるでしょうけど・・・僕の場合は子供の頃「いつか乗ってみたいなあ~」という憧れが関係あるのかも。
自分で乗って操縦したい乗り物って結構あるんですよ。
例えば、こういうものとか。
      ↓
hondajet


小学生の頃はこの車に憧れましたね~~~6輪車!
         ↓
tyrellp34


ちなみに貴重な動画も見つけました。
こちらです。

       
こういうのも一編やってみたいです♪
        ↓
第二障害

この先、ばんえい競馬のラジコンというのはちょっと難しいかもしれませんが・・・・・
でも、もしできたら凄いですよね!
だめもとで企画してみようかな?・・・・なんてね(笑)

切り絵も含めて、イラストには遊び心が必要です♪

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

やはり来たか・・・
本日は中国語のレッスンでした。
何と、今通っている某駅前校が来週から別の駅前校と統合になりました。
スタッフさんにも急な知らせだったようです。
昨日のニュース番組でも取りざたされていただけにひょっとしたらとは思っていましたが・・・・
僕は統合先へ移ればいいけど、スタッフさんはどうなるんだろう?
とっても親切で感じのいい人だっただけに、心が痛みました。

社長、しっかりせい!と言いたいです。
頭にエのつく某IT企業の社長さんがこうおっしゃってましたっけ。
「経営者が一番するべきことは、従業員に毎月給料をきちんと支払うことです」
さよなら古田兼任監督
20071007193435
今、神宮球場に来てます。古田監督引退試合です。
今日は古田監督が久々に先発しました。
球場では、このようなボードがお客さんに配られました。
約4万枚作ったそうです。
27

ちなみに裏面はこうなってます。
hurutabo-do

古田選手が打席に立つ度に、みんな一斉にボードを掲げました!
(広島ファンまで一緒にやってくれました!)
minnade27

試合の方は、ヤクルトの石川投手が打たれて広島がかなり優勢になりました。
そして、ついに古田最後の打席に、広島のブラウン監督が粋な計らいをしてくれました。
「広島のピッチャー・・・・佐々岡」
sasaoka

これには場内がオーっと沸きました。
furutavssasaoka

実は二人とも1990年プロ入りした同期生です。
他の同期生で僕が覚えているのは・・・・・
巨人の大森選手。横浜の大魔神佐々木投手。ロッテの小宮山投手。阪神の葛西投手。中日の与田投手。西武の潮崎投手。オリックスのパンチ佐藤選手。そして、近鉄の野茂投手
こうして見ると、現役で残っているのは、これで野茂投手とロッテ小宮山投手だけになりました。
ちなみに最後の対決は、佐々岡投手が抑えました。
直後に古田選手が佐々岡投手に花束を渡して、ヤクルトファンが佐々岡コールを送りました。hanataba

そして、捕手・古田と最後にバッテリーを組んだのは、高津投手でした。
ヤクルト黄金期を支えた二人です。
takatu

試合後に引退セレモニーが行われました。
古田選手の入団から振り返る場面で、入団当時の自分を見て、古田監督かなり照れてました。
seremoni-

何だか、のび太君みたいでした(笑)
この後、本人の挨拶や胴上げもありました。
胴上げは携帯で動画撮りましたけど。
こうして見ると、選手が引退していくのを見るのってせつないものがあります。
いつかは引退するとはいえ、選手たちには一日も長く現役で頑張って欲しいものです。

テーマ:東京ヤクルトスワローズ - ジャンル:スポーツ

野茂投手頑張れ!
野茂投手がベネズエラのウィンターリーグのチーム、カラカスライオンズと契約したそうです。
全盛期の力はもう無いなどとも巷では言われているようですが、僕は敢えて応援したいです。

たった一度の人生で、プロスポーツ選手は現役でいられる時間は限られています。
その時間の中で、野茂投手がチャレンジする姿に拍手を送りたい。
「年齢的にもう限界だ」などと言わずに、チャレンジしている人を素直に応援して欲しい。
野球のうんちくはこの際おいといて。

よく30~40代の男性が「疲れた~」「めんどうくさい~」と言ってる姿が、僕はかっこ悪いと思うのです。
むしろ「若い人にはまだまだ負けないぞ!」というくらいの気概があってもいいんじゃないでしょうか。
もし再びメジャーに復帰したら、これはもう凄いことです。
こういう時こそ応援するのがファンです。
野茂投手が本当にすごいのは、速球でもフォークでもないんです。
「あきらめない」ところだと思います。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

これは誰でしょう?
janreno

ちょっと難しいかも?
実は10年前に描いた絵です。
透明水彩とペンを使いました。
例によって荷物の整理して発見しました(苦笑)
このモデルさん、とても味のある方なので、この絵をもとに切り絵にしてみようかな?と思ってます。
当初は顔だけデフォルメしたスケッチを描いてましたが、イースター島のモアイみたいになっちゃいました、ははは(冷や汗)

テーマ:絵ブログ - ジャンル:学問・文化・芸術

成龍在ロ馬?
昨日は中国語の授業でした。
授業の内容は、会社へ電話をかけて
「○○さんいますか?」
「すみません、○○は不在です。何か伝言する事ありますか?」
などといったやりとりを中国語で行いました。

グループレッスンなので、慣れていたところで、生徒同士でやりとりします。
僕が電話をかける人の番になり、こう言いました。
相手「ニンハオ。東方貿易公司。」
僕 「ニーハオ。成龍(チャンロン)在ロ馬?」
相手「成龍(?)・・・・対不起、他不在。他請病イ暇了。」

(あらら・・・・成龍さん、病気になっちゃった~~~~~)
このやりとりを見ていた先生、
「成龍????」とどっかで聞いたような名前だな~という顔してました。
そりゃそうです。
やりとりが終わったところで、
僕「老師、成龍・・・・・・」と皆さんのよく御存知の名前を言ったら先生も生徒さんも
「ああ、そうかあ~~~」と笑ってました。
さて、成龍さんって誰のことでしょうか?

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

天才書道アーティスト
昨日の報道ステーションで凄い男の子が出てました。
松岡修造さんのコーナーにて。
そのゲストは、岩手県在住の8歳の男の子、高橋卓也君。
独特の書道アートは圧巻でした。
こんな感じです。
書

3枚の書のうち、右が漫画家水木しげるさん、真ん中は不明です。左は「松」です。
なんと、松ぼっくりをイメージしたそうです。
笑ったのは、松岡さんのちょっといじわるな質問について。
「高橋君はこういう字を書いてるけど、将来学校の先生が書き順とかここはちゃんと留めろとか払えとか言ったらどうする?」
「その時だけ我慢する。でも、書き順なんてどうでも良い。」
いや~~~~笑った笑った!最高!
これなら日本の学校の悪しき平等教育に潰されずに済みそうですね。

趣味は天体観測。テレビゲームに興味なし→これがかなり良いと思います。
テレビゲームには脳の創造力が著しく落ちる作用があると思うからです。

あと、ひとつ驚いたのは、「感」という字が人の顔に似てるので、松岡さんがなぜこう書いたのか質問したら、彼は何て答えたと思いますか?
それは・・・
[READ MORE...]
エゾシマリス
今月最初の切り絵は、エゾシマリスです。
最近知ったのですが、リスって口の中に頬袋というのがあって、食べ物を頬袋に一旦入れて巣へ運ぶんですね。
この切り絵のように、リスは食べてるときにこんなに頬をふくらませていることがあるので、今まで勘違いしてました。
「リスって相当食いしん坊なんだな~、こんなに頬膨らむまで食べるなんて。」
「こうして見ると、人間なら大橋巨泉なみに顔でかいなあ~」
なんてね。
リス