熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイ大作戦シーズン1
来月からBS-JAPANでスパイ大作戦が再放送されることになりました。

うれしい!

しかも、見たことがないシーズン1です。

スパイ大作戦1

リーダーはこのシーズン1のみスティーブン・ヒル演じるブリッグス。
「おはよう、ブリッグス君」とでも言われるのかな?
実はスティーブン・ヒルは撮影で色々もめて降板させられて、シーズン2からおなじみの
「おはようフェルプス君」に交代となります。
それ以外は、懐かしいメンバーです。
楽しみだなあ~~~

スポンサーサイト
来週、助左登場!
真田丸を毎週見てます。
とと姉ちゃんも毎日欠かさず見てます→マッサン以来。

来週、なんとあの呂栄助左衛門が登場するとは!

懐かしいなあ!黄金の日々!

子供の頃に見て、今なお一番好きな大河ドラマです。

助左

当時は、まだ市川染五郎さんでした。

その後テレビで見かけなくなり、王様のレストランで見たときはもう毎週大喜びで見てました!
そのころにはすでに松本幸四郎さんでしたが。

まさか出てくるとは・・・なにせ38年ぶりですよ!

往々にして悪く描かれがちな石田三成ですが。
黄金の日々に出てきた三成を演じたのが、近藤正臣さんでした。
近藤三成は、なかなか情の深い人物でした。

近藤三成

来週がとっても楽しみです!



王様のレストラン
現在、毎週月曜夜10時、BSフジで再放送されています。

大好きなドラマのひとつです。
王様のレストラン1
キャスト全員がはまり役という感じ!
中でも好きなのが、まずギャルソン役の松本幸四郎さん。
王様のレストラン2
第一話でテーブルクロスをさっと引き出してギャルソン姿に早変わりしたり、なんといってもあの名せりふにしびれました。

「私は先輩から、お客様は王様であると教えられました。
しかし、王様の中には首をはねられたものも大勢おります」
その直後に悪質なお客を追い払う
「フィット、フィット!」は真似しましたっけ。

そして、当時メロメロになったのが、愛しの鈴木京香様。
王様のレストラン3
この画像は、第六話でお客のフランス外交官が全然料理を食べないことに業を煮やして、フランス語でしかりつけたシーンです。
ちょっとした仕草が、ぐっときました。
鈴木京香は、このころが一番素敵でした。
その後の彼女には、なにも感じなくなりましたが。

刑事コロンボで思い出した
BS-TBSで再放送されている刑事コロンボ。

刑事コロンボ

何度見ても面白いです。

先日見た「ホリスター将軍のコレクション」の犯人ホリスター将軍役のエディアルバート。

エディーアルバート1

コロンボの犯人役の俳優さんは皆有名な人が多いのも特徴のひとちですが、この俳優さんどこかで見たような気が・・・

なかなか思い出せないと思ってたら・・・・わかった!

ローマの休日に出てたっけ。

エディーアルバート2

カメラマンのアービングだ!ヒゲはやしてたので気づかなかったな~

ローマの休日から約20年後にコロンボに出ていたとは。

これなら、グレゴリー・ペックやオードリー・ヘプバーンも犯人やってほしかったですね~
大物過ぎるかな?






エリーさんとセーラさん
マッサンが終わって胸いっぱい。

久々に心に残るドラマでした。

エリーさんの顔を見て、ふとある女性を思い出しました。

このblogの2006年11月のオブセッションで有名なセーラ・マリ・カミングスさん。

オブセッションは既に終了して、枡一さんを辞めて引っ越して、今は里山プロジェクトなるものに取り組まれているそうです。

一度しかお会いして無いけど、今でもあのフレンドリーな笑顔は強く印象に残ってます。

セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)
(2009/03)
清野 由美

商品詳細を見る


ついこの本を購入しました。

台風娘と呼ばれていましたが、それは店舗の改装を提案しても遅々として進まないので、自らハンマーを持ってきて壁を叩き壊したというエピソードから。

ただ、この裏には古くなった店舗の電気配線があまりに複雑になっていて、万一漏電して火事になるのを危惧したからという事情がありました。
当時セーラさんが住んでいたアパートが、ある日やはり電気配線の不備に夜漏電で火事になってしまったのです。

店舗の隣接する社長の自宅は明治時代からの歴史的にも貴重な建物。
万一火事になっては大変だと危惧したから→なら、そう言いなさいって思いましたけど。

言い出したらきかない!というイメージがありましたけど、実はものすごい勉強家でもあり、日本の文化をこよなく愛しているのが伝わって来ました。

蔵部というレストランはセーラさんの奮闘によって開店し、その後繁盛しています。

・・・が、セーラさんがいなくなってから、今月から昼のみの営業となりました。

つまり夜は営業しなくなったそうです。

これって・・・このお店大丈夫かな。


レベッカ
このところ、ネットのコンペのイラスト作成が続いてました。

デジタルのチャレンジは避けては通れない。

いろんな内容のコンペなので、色々調べて頭使って描くのは時にはしんどいけど刺激的です。

その一方で、切り絵自体はこのままでは中途半端になるなあと今ひとつ燃えるものがないときに

たまたま見つけたレベッカのライブの動画に

久々に心が熱くなりました。



心の底にくすぶっていた導火線にNOKKOさんが火をつけてくれました。

NOKKOさんは、今は熱海在住だそうで、その特番を見ていて

音楽を「創る」ことについて、特にレベッカ時代は売れてから孤独と闘っていたことを知りました。

「創る」って孤独だし、タフな精神力も必要。

俺にはそれはあると思う。

「こんな事、誰もめんどくさくてやらないだろう」

ということを切り絵でやってみたい。

その予行練習を始めました。
相棒より好きなのは
昨日、たまたまTVKテレビで「事件記者チャボ!」を見ました。

title_chabo.jpg

チャボヘアーという独特の髪型の記者中山一太(水谷豊)と周囲の人たちが織り成すコメディーです。
ちなみに共演したのは、後に奥さんとなった伊藤蘭(かわいい~!)

ストーリー自体は、そんなにひねったものではありません。

主人公の魅力で作ったドラマです。

このチャボにしても、熱中時代の北野先生にしても、
c0193512_2250373.jpg

どことなく垢抜けない田舎から出てきた憎めない青年を演じてた水谷豊って、なんともいえない魅力がありますね。

北野先生は、ドラマの中で何度もいろいろ失敗してる新米の先生です。

相棒の右京さんもいいけど、僕はこの頃の水谷豊が好きですね~

人間くさいんですよね。


ニキ・ラウダ
子供の頃の憧れのヒーローのひとりでした。

lauda 1982
「parmalat」の文字がすご~く気になって散々調べたっけ。
イタリアの乳製品メーカーでした。

一度引退した後、マクラーレンチームでカムバックした時。
f0132683_2215028.jpg

とてもカッコいい人ですが、再婚した奥さんにはからっきし弱いご様子。

よく日本の男性は弱いとかだらしないなどと酷評されがちですが、奥さんに頭の上がらない男性は世の東西を問わないようですよ。
ちなみにラウダは、奥さんに対しては

「妻はさそり座。一緒にいて楽しいけど時々気難しい。
口論せずに、常にYESと答えるようにしている」→朝日新聞の土曜版のコーナー「元気の秘訣」より。

いやはや。





すごい人だなあ
今やすっかりタレントのイメージのある北斗晶さん。
しかしながら、かつてはすごいプロレスラーでした。

現役時代の動画がこちら。

当初予定の対戦相手が欠場して、急遽代役とした選手がかなり格下だったので内心かなりお怒りのご様子。
あっさり片付けてからの5:30かrなおマイクパフォーマンスの面白いこと。
これはプロレスならではのお客をのせるのがうまい人でした。

実力もあることながら、お客を呼べるのもセンスだと感じました。
料理の鉄人
カンブリア宮殿という番組に、かつて「料理の鉄人」で三代目・和の鉄人として活躍した森本正治氏がゲストで出てました。
海外でお店を何店舗もあって、ニューヨーク・マンハッタンのお店は13億もかけて建てたそうです(設計は安藤忠雄氏)

元々和食の料理人でしたが、アメリカに渡ってからは日本料理をそのまま出すだけでは通用しないと気づいたんですね。
それは日本とて同じこと。
例えば、カレーにしてもラーメンにしても、本場インドのカレーあるいは中国のラーメンと、日本のカレーライスやラーメンはかなり違います。
日本人の好みに合うようにアレンジされているんです。
森本氏は、それと同様に海外のお客さんの好みに合うように和食をアレンジしていったんですね。

味とて、和食を全然知らないアメリカ人に対しては、最初の一口がとても重要だし、店内とてリラックスして楽しんでもらえるようにして和食に対して変な先入観をもたれないようにしているなど、色々工夫してきたからこそ成功しているのでしょう。

プロの世界って、うまいだけじゃ駄目なんだなあと感じました。
お客さんをよぶのも大事だし、来てくれたお客さんを喜んでもらうために料理の味以外にも色々工夫することが必要なんです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。