熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



デッサン会
恒例のデッサン会に参加してきました。
今回は、ベトナムのアオザイの衣装を着たモデルさんを描きました。

RIMG1872.jpg

アオザイって、脚が長く見えるので、全体のプロポーションを間違えそうになりやすかったです。

所属していたスクールが無くなってしまったので、とても貴重な場所となってます。

スポンサーサイト
遅まきながら
3Dでイラストを描く練習をしております。

こんな感じ。

RIMG1808.jpg

カエルをゆるキャラっぽく作ってみようかなと。

3Dというか、粘土で彫刻みたいに作成する感じです。



ヌードデッサン
今日は久々にヌードデッサン会に行ってきました。

その一部です。

RIMG1753.jpg

RIMG1754.jpg

今回のモデルさんは、ちょっとしたところに角度をつけたポージングしてもらえたので、難しかったけど楽しめました。
目線とか、足の指先だけでもちょとした角度だけで体全体の動きが変わるので。

特に2枚目のような背中を書くのは難しいです。
でも、人体デッサンうまくなるなら後姿の練習に限ります。

このほかにもいろんなポーズをとってもらえたので、手こずりましたけど実にいい練習になりました。
ちなみに木炭使ってます。


今月のデッサン
本日はモデルさんのデッサン会でした。

デッサン
今回のモデルさんは、実はご自身もまたなかなか凄腕の絵描きさんでもあります。
団体展の苦労話を教えてもらいました。
以前新聞などで騒がれた某団体展みたいなことは、他でもあるということ。
不可解なことも色々と。

これからは、団体に所属せずに、うま~くすり抜けていくのがいいような気も。





デッサン会行ってきました。
イラスト仲間が主催しているデッサン大会へ行ってきました。

デッサン1

デッサン2

こういう時間が自分にとって至福のひと時です。

コンペに挑戦
イラストレーターというデジタルソフトに悪戦苦闘しています。

ネットのコンペでは、フォトショップかイラストレーターじゃないともはや受け付けてさえもらえません。

言い換えると、それが出来るようになると様々な可能性があるということでもあります。

イラストレーターはまだまだ使いこなせているとは到底言えません・・・・けど、独特の面白さもあります。

ものは考えようですね。


最近の動物画
久々に描いたアクリルの絵です。

RIMG1307.jpg

先日ゴッホの「ひまわり」観て以来、補色に頼らない絵作りを意識して描いてみました。



LINEスタンプ
いつの間にか審査合格してました(LINE、教えてくれよ~)

フンズ.マリオのニックネームで「ズッコケ侍」というスタンプ作りました。

ズッコケ侍4
第二弾製作中です。

どんどん作らないと。

デジタルも手書きも切り絵も、場数ですね。
デッサン
久々にヌードではないデッサンの練習をしました。

RIMG1246.jpg


長いスカートで座りポーズって、脚をどんな風に組んでいるのかわからず、男性にはなかなかわからない部分ですね。

まさかめくってのぞくわけにも行かないし。


ヌードデッサンスクーリング
所属しているスクールのヌードデッサンに参加してきました。

某先生に久々にお会いできました。

最初に自由作品の講評があり、その後デッサンを行いました。

あえて後ろ姿ばかり描きました。

顔が見えるとどうしても顔が気になってしまいがちで、体全体のデッサンをしっかりやりたかったから。

それに後ろ姿描くほうが上達するから。

デッサン1

久しぶりにみっちり描いた後は、某画廊へ移動して先生の個展を先生たちと一緒に観に行ってきました。

久々に充実のひとときでした。